スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「気品にあふれた真の日本兵の姿を伝えたい」 インド人監督がインパール作戦題材にメガホン

 「気品にあふれた真の日本兵の姿を伝えたい」 インド人監督がインパール作戦題材にメガホン

   監督のモーヘン・ナオレムさんは、日本を始めアジア各国での上映を希望している。

【関連ニュース】

-父が体験したインパール作戦-
http://www.geocities.jp/tondaseishun/

インパール作戦 ~父が語る戦争体験記~
http://www.kcnet.ne.jp/~kubota/







【国際】 "気品にあふれた真の日本兵の姿を伝えたい" インド人監督がインパール作戦題材にメガホン

有明省吾 ◆BAKA1DJoEI @有明省吾ρ ★ 2012/06/24(日) 21:26:55.84 ID:???0 BE:1455072285-PLT(12066)

【ニューデリー=岩田智雄】インド人の映画監督が今秋、第2次世界大戦で日本軍が大敗を喫したインパール作戦の激戦地、
インド北東部マニプール州で、おじの日本兵の足跡をたどる女性を主人公にした映画を制作する。
気品にあふれた真の日本兵の姿を伝え、現地の人々の記憶に残るエピソードを紹介したいという。

メガホンをとるのは、モーヘン・ナオレム氏(34)。「マイ・ジャパニーズ・ニース」(私の日本人のめい)と題された作品では、
インパール作戦で戦った日本兵のめい「アサダ」が戦後、現地を訪れる。すると、おじが夢の中である村を訪ねるようアサダに呼びかける。
そこでアサダは、日本兵らが残した数々のメモや日記を発見するというストーリーだ。

インド人の手でこうした映画が制作されるのは初めてで、撮影は9~10月ごろに始めるという。

日本軍は1944年のインパール作戦で、連合国側の中国への補給路を断とうとしたが、無謀な計画のために敗れ、多くの戦死者を出した。

現地で取材中のナオレム氏は産経新聞の取材に「マニプール州の人々には日本人とともに戦った記憶がある。
日本は今も多彩な援助をしてくれており、日本人に親愛の情を示したいと思っていた」と答えた。

ただ、「日本兵の記憶が徐々に人々から失われている」といい、「まだ知られていない話を集めて映画で伝えたかった」と撮影にかける思いを吐露した。

また、「欧米では日本兵の残虐行為や犯罪に関する話が書き立てられているが、日本兵はもっとも気品があり親切な心を持った人々だった」としている。

ナオレム氏は同州での公開後、日本での上映に向けて協力者を探している。アジア各地での発表も模索しているという。

アサダ役には、大阪府箕面市のモデル、浅田結有(ゆう)さん(23)が挑み、今回がデビュー作。
浅田さんは電話取材に「インパール作戦のことは何も知らず、今回勉強した。日本の若い人にも知ってもらえるきっかけになれば」と話した。

産経新聞 2012.6.24 20:03
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/120624/ent12062420040013-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/120624/ent12062420040013-n2.htm



名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 21:28:02.27 ID:gf0wAdFu0
気品にあふれた日本兵は本当は朝鮮人兵


名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 21:28:47.52 ID:vdnwqzBD0
>>3
死んでいいよ ( ´∀`)



14 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 21:30:37.38 ID:HkjbUJbV0
いや、インパールは日本の汚点だろうよ・・・


16 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 21:30:57.66 ID:/tMllu9x0
>>3
日本を裏切って、民間人を皆殺しにしたくせに。絶対に忘れないよ。



19 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 21:31:20.07 ID:a61l+ByyP
「永遠のゼロ」も映画化だっけ?

なんか大戦が冷静に(是々非々で)再評価される風潮が来てるな



23 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 21:31:59.18 ID:+Z4n79Zl0
インパールは日本兵が共食いしたとこ。


27 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 21:32:22.05 ID:F758UFvs0
海軍はともかく陸軍にそんな奴いたんかね


29 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 21:32:26.15 ID:QZXICLYH0
宮崎繁三郎のことですねわかります。


32 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 21:32:58.87 ID:WVomeqpt0
唐突に全員踊りだすんだろ?


36 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 21:33:06.98 ID:m1DU4rT50
>>1
次回作は、「朝鮮兵からの贈り物~その不遇の子孫たち~」でいこうぜwww



37 -[sage] 2012/06/24(日) 21:33:14.24 ID:2ooZajtc0
インパール作戦って、歩兵やってた連中に最悪な状況だよな
食い物無い。弾薬無い。撤退禁止
ゆっくり死ねってことだもん



39 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 21:33:19.41 ID:JPM+lfF50
インド人にびっくり


40 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 21:33:20.03 ID:pAAcsJah0
>>27
海軍はいい軍
陸軍は悪い軍

そういう短絡的な思考はなんとかならないんですか?



41 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 21:33:21.70 ID:zj/YFPrc0
インドネシアに行ったとき、日本には太平洋戦争の時世話になった、とか妙に感謝されてしまった
歴史ではこの辺のことまったく教えてくれてないから対応に困る



43 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 21:33:32.05 ID:qwofLUzV0
Delhi chalo -Subhas Chandra Bose

http://www.youtube.com/watch?v=EQZ_B8D86ms&feature=related



47 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 21:33:40.35 ID:tsOEA2VfO
よりにもよってインパール作戦か。白骨街道とまで呼ばれたのに、どこに気品があるのかねえ。


50 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 21:33:52.35 ID:5uz2h1GSi
戦争映画でも踊るの?


54 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 21:34:13.74 ID:9usOyVC20
インパール作戦を題材って
白骨街道なんだぞ



55 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 21:34:23.62 ID:iP93/aVX0
朝鮮人に邪魔されないか心配


62 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 21:34:58.06 ID:rnzg7OA4P
てか、インパール作戦に関して言えば、インド軍がガチで戦闘してるだろ。


68 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 21:35:12.40 ID:lwXAbpcnO
>>27
支那チョンはともかくマレー 蘭印 ニューギニアと日本を悪く言う国があるかね



70 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 21:35:21.93 ID:qkSV+9coO
そういえばコンゴ動乱で白人傭兵部隊を指揮したマイク・ホアーが日本兵を褒めてたな。
「一握りの米だけで何百?`も歩いて攻めてきた日本軍スゲー」って。



71 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 21:35:31.35 ID:ebVfFcXX0
あの作戦は日本人から客観的に見てもムチャな作戦だったでしょ


73 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 21:35:43.32 ID:Cobpxbne0
インド人の価値観からしたら、インパールの悲劇も美しいものに見えるのかな。
インドってどくとくじゃん生死観念。それに長い事イギリスに侵略されてたし。



76 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 21:36:12.93 ID:53Cfwjz9P
この映画、日本に持ってきたらブサヨが暴動起こしそうだなw


81 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 21:37:09.22 ID:UkKeoj55P
>>32
こう言うノリですか?
ttp://www.youtube.com/watch?v=JHRABEbB7Qo



83 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 21:37:19.62 ID:T8rXRJJY0
「凛として愛」や「戦線布告」みたいにどっかの圧力でお蔵入りになってしまうん?


85 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 21:37:20.82 ID:GKLEL98E0
>おじが夢の中である村を訪ねるようアサダに呼びかける。
このシーンは絶対ダンスだよね



91 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 21:38:07.77 ID:QDoCOirW0
人類史上最悪の作戦として悪名高いンだよな。

日本人の汚点だし、世界史が教訓にもしている。
余りに愚かで浅墓な作戦だし。 



95 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 21:38:35.18 ID:AblZgi+L0
>>40
陸軍も都会から入隊した人はみんな紳士的だったよな
育ちの悪い田舎者が酷かっただけ



99 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 21:39:03.41 ID:qE6vtUR/O
>14
確かに。後方参謀がシンガポールやタイなどから集めた物資は一会戦分で、雨季前の終結ができなければ(結果は知っての通り)

司令部は後方のビルマに料亭呼び寄せて毎日宴会三昧で、反撃の英がビルマにまで及んだときはビルマ政府要人より馴染みの芸者を先に逃がす始末

ただ、戦後、牟田口宛に英将校から「我々は撤退を考えていたのをご存じか?」との手紙が来たらしいが…



101 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 21:39:06.50 ID:WoQBEFne0
原爆記念日における黙祷
例年、インド国会では、会期中の場合、8月6日に広島、長崎の原爆の犠牲者に対して黙祷を行っている。



104 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 21:39:27.15 ID:+L5FZByy0
やっぱり今のインド人だから親日もあるだろうがそれよりも反中のメッセージが出したいのでは?
とにかく南京のアンチテーゼとしてアジア解放の線で作ってくれそうだから期待できる



108 名無しさん@13周年[s] 2012/06/24(日) 21:39:45.93 ID:f7DcJdYV0
ジンギスカン作戦だっけ?

何10年か前に 己を知らず敵を知らず とか犬HKが特集してたなぁ。



109 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 21:39:54.30 ID:QJCViU5q0
辻神参謀の出番を是非脚本に入れてくれw


111 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 21:39:58.16 ID:K9sSGYgF0
ありがとうインド人


116 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 21:40:10.45 ID:/ohObFkq0
詳しく知りたければコヒマとか良いと思うけど絶版かな
司令官は最悪、その指揮下の各師団長と兵達の頑張りは凄い
でも作戦がねえ・・

この作戦で多くの人立派な人がが亡くなったが
テニスプレーヤーだった布井良助氏の最後は特に哀しい



121 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 21:40:33.54 ID:Drdc/XzT0
今年は日印国交樹立60周年です。

http://www.mithila-museum.com/indiajapan/ij60/top.html
日印国交樹立60周年記念事業

もう2012年は半分終わってしまいましたが、イベントはまだまだあります。
日本はお互いを尊重しあえる国と交流をもっと深めるべきです。



125 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 21:41:12.71 ID:rbPUkExu0
別に左翼ではないが本当に気品に溢れていたのか?と疑問を感じるんだが


126 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 21:41:17.67 ID:IXlxLoM80
インパールを題材で?
パンチの効いた皮肉だな。



128 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 21:41:38.27 ID:nZguH5nn0
こんな事いいたかないけどガンジーって毛唐が祭り上げた日本否定の為のシンボルだからな
インド人が気分害したら悪いからインド人には絶対言わねえけど



129 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 21:41:38.57 ID:hB/uKgBG0
日本兵ってゼークトの組織論で言うところの、無能な怠け者だから、
兵隊がやけに強いんだよな



131 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 21:41:41.21 ID:A76T3MuD0
インパール作戦は試験に合格した官僚のエリートが練った

反対したのは世襲でロクな勉強してない貴族や級武家の出身のコネ組



132 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 21:41:43.81 ID:sOMLHL/EP
皇軍は本当に気品に満ち、規律高く、勇猛果敢で質実剛健だった。
だからが故に過酷な環境や馬鹿士官の作戦も忠実に実行しちゃうカルト的な
要素も合わせて持っていたからなw
指導的立場に居る人達は、「中庸の徳」を持ち得てないとこの手の
先鋭化したカルトに陥る。



135 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 21:42:04.11 ID:e7aDygTt0
日本とインドの間には中国があるからなあ
遠近外交だろ
日本人兵士の事が悪く言われてきたのは同感だが。(ただしチョン人兵は除く)



152 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 21:44:26.55 ID:ebVfFcXX0
作戦の評価は別にして、日本兵が現地人に対してきちんと対応してた証拠だよな


154 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 21:44:50.21 ID:IUj1uDT60
インパール作戦でも活躍したインド国民軍はインドじゃあスターだしな


155 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 21:44:56.54 ID:T+wfL9Ou0
>>125
インドの義勇兵が自分たちの記憶を美化したいんでしょ。



158 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 21:45:33.38 ID:xyBZHhQo0
インドのパール判事
http://livedoor.blogimg.jp/booq/imgs/0/6/06db7371.jpg

東京裁判は戦勝国が戦敗国、日本を断罪する不正不当の復讐(ふくしゅう)裁判であった。この裁判で唯一人、
日本の無罪を主張したのがインドのパール判事である。パールはこの裁判を「儀式化された復讐」と述べている。
パールが19歳のとき日露戦争が起きた。日本が勝利したとき、インド中に感激が湧き上がった。パールは言う。
「同じ有色人種である日本が北方の強大なる白人帝国主義ロシアと戦ってついに勝利を得たという報道は我々
の心を揺さぶった。私たちは白人の目の前をわざと胸を張って歩いた。先生や同僚とともに毎日のように旗行列
や提灯(ちょうちん)行列に参加したことを記憶している。私は日本に対する憧れと祖国に対する自信を同時に獲
得し、わななくような思いで胸一杯であった。私はインドの独立について思いを致すようになった」

日露戦争は世界史の一大分水嶺(ぶんすいれい)であった。日本の勝利が有色民族、被抑圧民族に民族独立へ
の夢を決定的に与えた。彼らは希望と勇気の源泉として日本に深い尊敬と親愛の念を抱き続けた。

大東亜戦争は欧米の数世紀にわたる人種偏見に基づく植民地支配を打ち破り、有色民族の解放と独立を導く最
大の契機となった。インドもそれで独立できた。「私はこの日本を愛している。この日本に骨を埋めたい」とまで言っ
たのがパールであった。

    /      / 〃 /
   ./|― / /―  /|
 _/ .|_/ ./  _/ .|_ は右より!



161 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 21:45:44.15 ID:WoQBEFne0
税を増やすだけでなく、東インド会社は、インド農民に高く売れる商品作物の栽培を強制します。
綿布の染料に使う藍や、麻薬アヘンの原料となるケシなどです。小麦など食糧をつくるべき畑で、
食糧を作れない。食糧生産量は落ちる。藍やケシをいくら栽培しても、腹の足しにはならない。この結果、飢饉が激増します。
 インド大飢饉回数の表があります。

18世紀 大飢饉3回 死者数不明
1800~25 大飢饉5回 死者100万人
1826~50 大飢饉2回 死者40万人
1851~75 大飢饉6回 死者500万人
1876~1900 大飢饉18回 死者1600万人

19世紀に2000万人以上が餓死しているのです。イギリスの支配によって、インドは貧困に追い込まれたのです。



165 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 21:45:51.32 ID:ZDFfbbsy0
>>1
海軍が、ミッドウェーやガダルカナルをやる前に陸海が共同で
インド解放してたら戦史は変わってたんだけどね…。

結局、陸軍の東條では海軍迄統制をとれないわけで、戦前の日本は
左翼が言うようなファシズや共産主義みたいな、全体主義ではなかった
から、総力戦を戦えるほど統制がとれてなかった。



166 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 21:46:02.02 ID:wllVWgnR0
インパール作戦wwwwwwwwwww


おいおいおい

ウ号作戦と言えば日本の無謀ぶりを晒した

国の恥だろwwww


ネトウヨは公開を阻止しろよwwwwwwwwwwww



176 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 21:46:55.17 ID:OVRp3vy40
思うが
こうした過去の事をいつまでも言ってるって
陰湿な性格の奴か痴呆老人がうわごと言うレベルじゃね?
済んだことを飯の種とか
どこの民族だよ



182 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 21:47:07.15 ID:qE6vtUR/O
>70
日本軍相手に戦った側の評価は高いよな。

ベトナム戦争中にも日本兵を率いて戦えれば戦況は変わったと言って米将官(名は失念、失礼)もいたしな



192 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 21:48:21.67 ID:oy2mREQp0
NHK [証言記録 兵士たちの戦争]インパール作戦 補給なき戦いに散った若者たち ~京都 陸軍第15師団~

http://cgi2.nhk.or.jp/shogenarchives/bangumi/movie.cgi?das_id=D0001210031_00000



194 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 21:48:52.49 ID:xa4bUNP30
ようやく牟田口閣下の汚名を削ぐ時が来たか。
それにしても自国の英雄を貶め、名誉の回復も外国人頼みとは日本人も情けない・・・。



195 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 21:48:53.10 ID:Cua1l6ct0
牟田口の子孫って、よく生きていられるね。


196 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 21:49:29.44 ID:FS6rCOVX0
朝日毎日日経が叩くために粗探しを始めるぞ気を付けろ


200 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 21:50:00.95 ID:Di9DxSQB0
チャンドラ・ボースを支援したのが大きいんだろうなあ。
失敗して「白骨街道」になってしまったがインド映画でどう描くんだろうな。



203 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 21:50:27.56 ID:tVjBRfa90
牟田口ビルマ方面軍司令官の無能ぶりと責任回避能力は一流

一将成りて万骨枯る



205 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 21:50:34.67 ID:f2lMaqu70
>>195
子孫には罪はないだろ
叩くなら本人を叩け



207 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 21:50:38.23 ID:WoQBEFne0
イギリスは、反乱を起こしたものたちに徹底的な報復を行いました。
反乱側についた町や村の住民を虐殺したり、反乱軍の捕虜を大砲の砲身にくくりつけて吹き飛ばしたり、
牛や豚の血を無理矢理飲ませてから殺すなど、見せしめ的な処刑をおこなっています。
プリントの挿絵の左側に描かれているのが大砲にくくりつけられている捕虜です。
右側で馬に乗っているのがイギリス人の指揮官ですね。



210 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 21:51:06.60 ID:8lQwJwnp0


中国でも、当時のことを覚えている高齢者は

「日本人は親切。日本兵のおかげで学校にも行けた」と感謝の言葉をいうよ。





かんじんお日本人が理解してないだけ!  元凶は日本のマスゴミ。



211 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 21:51:13.26 ID:DP61N7OE0
インド映画だから、兵士がみんなでダンスしたりするのかね。

このインパール作戦って、結構いろんな角度から検証されてるけど
軍の命令書とかが残ってたからなんだってん。

個人的に、南京大虐殺がの死者数がうさん臭いと思うのは
30万規模の死者なら、遺体処理とかの命令書が多数出てくるだろうに、と言う解釈。



215 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 21:51:29.35 ID:FHe9j5hE0
>>195
こいつ自身よく生きていられたと思うわ
尤もこいつを憎み抜いた若者達は殆ど現地で死んじゃったからなあ



216 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 21:52:01.41 ID:wllVWgnR0
インパールは美化するものじゃないよ

あれは日本にとっての汚点といっていい

ああいう戦い方をしたからアメリカに負けたんだろ



220 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 21:52:43.14 ID:g4rtRJFZ0
インパール作戦のおかげで、祖父の居た拉孟守備隊(420人)は師団から孤立
 した状態で、中国軍雲南遠征軍5万を相手に壮絶な戦闘をするはめになったんだけど・・・・・。

 まあ、敵軍総大将の蒋介石から逆感状貰うほどの、激戦奮闘した祖父の遺影に手を合わせます。



221 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 21:52:58.44 ID:B9yhD1nE0
>>27
陸軍のクーデターが怖いという理由で勝てる見込みがないのに戦争おっぱじめ
緒戦の連勝に調子づいて兵站無視の戦線拡大・・敗戦へ
戦後は天皇陛下をダシに陸軍と海軍下級司令官に責任を押し付ける狡賢さで
陸軍悪玉説を常識化・・日本海軍やましき沈黙より
http://www.nhk.or.jp/special/onair/090810.html



224 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 21:53:26.28 ID:coBXsay20
>>194
戦争を肯定し美化しだしたらまた戦争したくなる民族だからしょうがないだろ?
日本兵は作中の通り!NHKが流す通り!これでいいじゃないか?



230 ネコちん♪ ◆RIaAan710E [sage] 2012/06/24(日) 21:54:33.67 ID:Qtfx+5iq0
>>182

  ∧∧
 ( =゚-゚)<アメリカ寄りの村が 男手がみんな南ベトナム軍に志願して
       女子供・年寄りばっかになった

       そこに韓国軍が襲い掛かり レイプして虐殺

       これがいくつもの村で発生して 

       南ベトナムも反米化・・・・ついにアメリカは撤退に追い込まれる・・・

       これが事実・・・・



235 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 21:55:02.51 ID:Di9DxSQB0
インパール作戦は日本にとっては酷い作戦で大敗だったけど
インドからしたらイギリスからの独立運動の指導者だった
チャンドラ・ボースの戦いでもあったしねえ。



237 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 21:55:26.77 ID:GYOQWNiX0
今の日本人、今の朝鮮人、今の中国人を見たらだいたい予想つくよな
民族の根性ってそうそう簡単には変わらないから
世界で売春しまくってる韓国人女を見たら昔の従軍慰安婦問題も自ずと分かる



242 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 21:55:46.98 ID:9zPRvTBM0
>>73
インド人にとって、日本軍と共にインパールで辛酸を舐めたインド国民軍将兵は
今も昔も「インド独立のために戦った愛国者にして英雄」なんだよ
インパール作戦は、インド人にとっては祖国解放に繋がる神聖な戦いだった
だからこそ、その神聖な戦いで共に苦労を分かち合った日本兵が、戦勝国側の
一方的な論理で断罪批難されている事に我慢ならないのだと思う



250 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 21:56:21.27 ID:ErQmaIF10
さすがに、インパールで気品はないだろうに……
インパールの話では、比留間弘氏の「地獄の戦場泣きむし士官物語」がいいな。
映像化もしやすいと思う。ロードムービーになる。



251 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 21:56:24.68 ID:tPoKr+ov0
カルカッタのチャンドラボースの銅像には小銃に日章旗を付けた日本兵が一緒に居るからな。
インパール作戦で野砲を分解して担いでヒンズークシ山脈を縦断してインド迄いっちっゃってるのが凄い。
補給ゼロの帰り道で餓死者続出は気狂い牟田口のせいで気に毒すぎる。



253 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 21:56:30.79 ID:eICBPdUU0
>>203
インパール作戦の目的は、
来るべきビルマ防衛線に向けて敵に一撃を加え、戦線を整理する事

インパール攻略はあくまで防衛体制構築のための手段であって目的じゃないのに、
これに固執して無茶な作戦を立てて作戦を頓挫させた挙句、
貴重な戦力をすり減らして防衛体制に影響が出るという最悪の結果に

司令官たる牟田口が、作戦の主旨をまったく理解してなかったってのが信じられない



259 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 21:57:20.26 ID:LLFCSLV50
気品あふれた真の韓国兵
その名はライタイハン



262 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 21:57:32.05 ID:7PAvzij60
糞チョンが火病ってるwwwwww


268 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 21:57:57.29 ID:tVjBRfa90
牟田口司令官は新聞記者に、可能ならばデリーまで進軍すると大口叩いてたらしいぞ


277 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 21:58:44.82 ID:xa4bUNP30
海軍の舟虫どもがインド洋を捨てて太平洋で無駄な戦を始めてしまったからな。


278 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 21:58:45.85 ID:bEkfaK8x0
確かに、このころまでは日本軍の宣伝ビラにも勢いがあった

「民族開放」とか「独立支援」とか。

その半年後には「だあいほんへー発表」になっちゃった。



279 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 21:58:54.05 ID:MWxEDqxc0
そういえば、あっちの方面で捕虜になった日本兵が、
処遇をどうするかでインド国内を列車で移送された時、
護送担当のインド兵が親切にしてくれて、
列車に来る物売りからお菓子買ってくれたりして楽しかった、
っていう体験談を読んだ事がある



288 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:00:13.83 ID:98Hcq7RHO
ボースの囲って助けたのは、あんぱんの木村屋


291 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:00:46.62 ID:T+wfL9Ou0
このスレの分析

・こういう映画はいいね。日本軍バンザイ! 15%
・さすがにインパールで気品はないわ  65%
・牟田口、おまえなんなんだよ? 20%



292 ネコちん♪ ◆RIaAan710E [sage] 2012/06/24(日) 22:00:56.61 ID:Qtfx+5iq0
>>268

( ^▽^)<ヒマラヤ山脈超えて進軍して ボロボロになってる所に

       イギリス軍の空襲と待ち構えてる英戦車部隊・・・
       罰ゲームだよね・・・ 撤退も同じルート・・・



294 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:00:57.53 ID:q4eFYg1j0
最前線の兵士は立派でも上の指揮官がクズで無能なのは日本の伝統


296 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:01:15.63 ID:TKAc7+bU0
>>1
いや、でも、チャンドラ=ボースの軍事力を壊滅せちゃったのも
インパール作戦。

インドの独立を夢見た前途ある青年たち数千が戦場に散ったわけだから・・・

やっぱ日本人としては、インドのみなさんに申し訳なくて・・・



297 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:01:20.91 ID:Yn0yPmlX0

こういう牟田口とか東条とかのメンタリティーは、
大企業や官僚の中にもまだ連綿と生きてるね。

特に東電。



300 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:01:56.03 ID:a/fbSzSD0
>>294
そうそう
恐ろしいことに、民間も政府も今の日本の指導者層って牟田口と同レベルかそれ以下なんだよな……



302 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:02:01.64 ID:4ObQwgsaO
大失敗作戦に光を当てるとは斬新だな。
日本軍部隊が初めて命令無視してまで撤退したくらいだし、
と思ったらインド人が作るのか(笑)
日本を破った勝ち戦を映像化して中国との開戦に備えるのかな。



310 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:03:28.01 ID:36HmL3vj0
インパール作戦は戦略的にも戦術的にも愚作
歴史的にみても無謀な作戦
そして牟田口は馬鹿

・・・とは言い切れないんだよな
インパール作戦で日本人が血を流した事実
これがインドが親日国である理由の一つなんだよね

たとえ無謀な作戦でも(逆に無謀な作戦だったからこそ)
インドの為に多くの日本兵が死んだ。無謀な作戦でも
逃げずにインドに為に戦った日本兵はなんて凄いんだってね

インパール作戦は当時の大本営の意図はともかく
結果的には日本とインドの結びつきを強くした
ほんと結果論なんだけどね



313 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:03:40.44 ID:Fflaahoz0
>>182
まぁ、アレは「日本人ならいくらでも使い捨てにできる、どんどん突撃させて殺しても世論は文句言わない」 って意味もあったらしいからな。



317 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:04:23.65 ID:F3mQDsxG0

韓国人が狂ったように妨害しそうだなw



318 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:04:31.19 ID:4hbL0n5y0
ありがとう。インディア。これからも両国の臣民の将来のためにでき限りの協力致す


322 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:05:16.86 ID:jZpbkEFZO
>>1
あらためて思ったんだが侵略ばっかりしてる歴史を持っていまなお学ばず侵略し続けてる欧米に何か言われる筋合いなんてミジンもないよな…どの口がほざくのかと



329 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:05:47.42 ID:VqNhBO2q0
>>27

真実は逆
海軍は山本五十六を筆頭に売国奴ぞろい

陸軍だけが米国と本気で戦った。



336 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:06:12.74 ID:bi6MzayX0
何かと言うと大臣立てないで総辞職に追い込む陸軍
青春とロマンに拘り民間輸送船沈めまくり、敵を漸減するはずが漸減されまくった海軍

なんだこれ
チョンかよ旧軍ってのは



339 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:06:37.51 ID:B9yhD1nE0
インパール作戦はたしかに愚策だが
日本直接を敗戦に導いたのは海軍の作戦計画だっつうの



341 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:07:09.88 ID:q7ViBwd00
佐藤幸徳中将が、食料と武器を回さない牟田口に切れて、軍紀違反して退却して
なければ、従軍した連中全員が死んでたからね。退却して牟田口を切りつける勢
いで、現地司令部に戻ったら、牟田口は逃亡済み。本当に牟田口は最低の奴だわ
な。



344 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:07:29.71 ID:5MVEnFkD0
三大無能司令官、牟田口廉也と富永恭次ともう一人誰だっけ?


351 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:08:08.62 ID:PDbPC6SO0
しかし、「硫黄島からの手紙」といい、海外の方が、日本をまともに描いた
作品を作っているな。

敗戦後教育を受けた日本人が戦争映画を作ると、映画に戦後フィルターが
掛かっていて、見れたものじゃない。

まぁ、今後に期待。



355 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:08:39.61 ID:9zPRvTBM0
>>296
確かに作戦は無残に失敗し、参加部隊も壊滅しちゃったけど
「インド国民軍」の存在をインド国民に強烈にアピールする事には成功し
終戦後のインド独立闘争の大きな燃料になったわけだから無駄死にではなかったよ
生き残りの将兵達も愛国者として礼遇されてるわけだしね



357 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:08:52.73 ID:Kp5AnHq10
真っ先にこれ思い出した

親日国 今もインドで歌われている日本兵を讃える歌
http://www.youtube.com/watch?v=B_OQ3EsPt-Q



360 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:09:16.67 ID:L6tLtH5q0
>>242
>インド人にとっては祖国解放に繋がる神聖な戦いだった

英国軍15万に対し、日本軍は9万の兵力。
日本側には、インド国民軍の兵士4.5万人がいたけれど、
なぜか日本軍はインド国民軍を6千名しか戦いに参加させていません。

4万のインド国民軍を温存した。
インド国民軍を、厳しい戦いとなることが分かっているこの戦いに参加させなかった。
 
 この作戦の目的は、インド全土でインド人を蜂起をさせるためだった。



363 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:09:50.40 ID:xgeOIiTB0
撮影から配給まで、中国資本があの手この手で妨害してくるんだろう、やれやれだ


364 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:09:51.05 ID:eICBPdUU0
>>310
インパール作戦はビルマ防衛戦へ向けた戦線再構築が戦略目標
防御のための攻勢作戦

作戦自体はとてもまともだよ



370 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:10:41.32 ID:VlXAIqhX0
>>360
単に弱過ぎて、ただでさえ不安一杯な兵站の余計な負担にしかならないからじゃ・・・



375 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:11:01.85 ID:U9CmwqPT0
>>364
作戦ていうか、目的自体はまともと言うべきかな
実現可能性がないから意味ないんだが



376 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:11:04.13 ID:WoQBEFne0
グラバイ・デサイ(インド、インド弁護士会会長・法学博士)

 このたびの日本の敗戦は真に痛ましく、心から同情申し上げる。
しかし、一旦の勝負の如きは必ずしも失望落胆するに当たらない。
殊に優秀な貴国国民においておやである。私は日本が十年以内にアジアの大国として再び復興繁栄する事を確信する。
 インドは程なく独立する。その独立の契機を与えたのは日本である。
インドの独立は日本のお陰で三十年早まった。これはインドだけではない。
インドネシア、ベトナムをはじめ東南アジア諸民族すべて共通である。
インド四億の国民は深くこれを銘記している。 インド国民は日本の国民の復興にあらゆる協力を惜しまないであろう。
他の東亜諸民族も同様である。(1946年、デリーの軍事裁判に参考人として召還された藤原岩市F機関長に対する挨拶)

  ジャワハルラル・ネルー(インド、独立後の初代インド首相)

 チャンドラ・ボーズが日本と協力してつくったインド国民軍《INA》の裁判で、
弁護士として法廷に立ち「これら立派な若者達の主たる動機は、インド解放への愛情であった・・・・
彼らの日本との協力は、インド解放を促進するための手段であった。
余はチャンドラ・ボーズ氏の独立への情熱を疑わない」と述べた。



377 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:11:11.37 ID:TKAc7+bU0
>>351
硫黄島の戦闘は、少数が多数に大損害を与えた戦闘だからねぇ。
ある意味、称揚されてしかるべきものが称揚されてる。

問題は、インパール作戦は称揚されるべきではない、ってことでつよ・・・

>>355
>無駄死にではなかった
そんな「なぐさめ」が必要な時点で、戦争は負けだよね。
勝たなきゃ意味がないのですよ、戦争は。



378 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:11:16.31 ID:UZ+fOeBf0
朝日新聞が妨害します


386 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:12:20.03 ID:vCX2Who5O
祖父が南支からビルマに移動して、あまりの違いにびっくりした言ってたなぁ
野砲10発撃つとお返しが1000発くる言ってたw



387 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:12:20.38 ID:hVeNUYW10
昭和天皇崩御の際、インドは異例の3日間の 喪に服したそうです(日本は2日間)。


388 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:12:29.70 ID:XtuhMnvA0
>>317
どっちにしろ中国が老化した後の次の世紀はインドの時代
2050年に一番若くて勢いのある国はインドになってるから
例えそのころに日本が消える勢いで衰えてても
日本の真実はインド及び中東アジア地域の下に蘇る
つまり理由はどうあれ
大東和戦争こそがアジアの白人による植民地支配を完全に終わらせたという純然たる事実だ



391 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:12:59.45 ID:MWxEDqxc0
そういや、近所に、元グルカ兵が働いてた八百屋があるなあ
グルカ兵に言わすと、ボルネオで戦った日本兵が、
白兵戦をした相手としては一番強かったとか



395 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:13:25.08 ID:2fUDT14S0
今の日本の自虐的歴史観は欧米によるところが大きいからな。
それに中国や朝鮮半島の出来事も政治的に歪められている観もある。

公開が楽しみだ。



397 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:13:27.89 ID:WoQBEFne0
この映画、別に日本の作戦を褒め称えてないだろ。日本軍、日本兵の個々を褒めてるだけで


398 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:13:32.93 ID:BwBmpy8Y0
牟田口はテスト秀才の成れの果てのような残念な人物だからねえ

ただ日本軍が残虐だなんてのは戦勝国のプロパガンダもいいところ
日本軍が残虐でなければ困る人達がいるってこと
そうでなければ連合国は自分達の正義を高らかに謳えないからね



402 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:14:01.10 ID:PYRKnv7J0
日本軍にもクズは多かったが沖縄戦に参加した軍人達は皆立派な紳士たちだ


407 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:14:58.43 ID:TKAc7+bU0
>>388
その主張は無理筋だなぁ
完全に終わらせた、というなら、中共の内戦勝利と、
インドネシア独立、とどめはベトナム戦争でしょう。



409 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:15:28.13 ID:HQcPney00
>>402

はあ?
民間人巻き込みまくったのに?



414 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:15:53.94 ID:Ij+vqM9E0
なんか時代が動いてるって感じするなぁ
これまで経済的に日本は勝ち組だったけど、敗戦国として世界からフルボッコだったのに
落ち目になった途端これだもんなぁ
叩かれてるうちがまだ華だったのかなって気もする
なんとも複雑な心境だわ



416 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:15:54.58 ID:eniHerhuO
牟田口を出すなら配役は菅直人て適任者がいるぞ


421 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:16:20.04 ID:fr6rihPe0
サザエさんうちあけ話で、長女鞠子さんの旦那がインパール作戦で戦死したって、書いてあったなあ。


423 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:16:23.77 ID:lg7OfGosP
>>391
グルカにそんな事言ってもらえるなんて光栄だわ
白兵戦やらせたら間違いなくグルカが世界最強だろうからな。



425 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:16:31.00 ID:Di9DxSQB0
ワリを食ったが佐藤幸徳中将だっけ。
補給が全く無くなり独断撤退を行い、作戦後軍法会議で補給無しの作戦を批判するつもりだったのに
結局軍法会議は行われず・・・独断撤退という汚名だけが残ってしまったという。



426 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:16:42.51 ID:qE6vtUR/O
>377
ベトナムは硫黄島で日本軍が取った作戦そのまんまで米軍に挑んだからね



434 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:17:22.85 ID:NjMzjE5o0



太平洋戦争敗戦後も祖国に帰らず、インドネシア独立のために、

現地に残って戦った誇り高き日本兵の映画『ムルデカ』も、

みんな観てみるといいよ。





俺は感動した。



439 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:17:47.22 ID:eICBPdUU0
初めて21号作戦(インパール作戦原案)を聞かされた牟田口の反応

牟田口
「兵站道路の構築、補給体制の確立準備などあまりにも時間的余裕が無く、
 現実的じゃないと思う」

あれ?



441 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:17:58.76 ID:E/vxG9b/0
インドじゃガンジーよりチャンドラの方が人気あるんだってね。


443 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:18:31.51 ID:AdKZDQME0
>>426
>ベトナムは硫黄島で日本軍が取った作戦そのまんまで米軍に挑んだからね

ベトナムの戦いは第二次大戦中のソ連赤軍レジスタンス教本に従ってるよ。



445 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:18:48.07 ID:Fflaahoz0
>>376
インドって、確か戦後日本から賠償金せしめてたよなw



446 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:18:54.07 ID:i+fAxpUv0
>>3みたいなテキトーな釣りであんなにレスがつくこんな世の中じゃ


448 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:19:17.32 ID:ii5Mk2hCP
もっとも品がない牟田口に見殺しにされた日本兵。
あ、いまの政治と一緒だ。



454 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:20:08.47 ID:FnXtsCSB0
我々後世の日本人としては、
過去の事例から学び同じ失敗を繰り返さない事が、
犠牲となった内外の人々に報いる事だろう。

今、日本は民主党政権を許すほどに愚かになっている。



456 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:20:57.94 ID:1Xh9XlPl0
日本人が作る戦争映画て平和の尊さとか戦争の悲惨さとか自虐的なものばかり。
だからつまらない。日本映画は暗くて陰湿感しか感じない。

ハリウッド映画の米兵みたいに日本兵が大活躍する映画を日本は作るべき。



467 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:23:07.69 ID:6rlurthg0
インド映画ってあれだろ?

塹壕戦を展開してる最中に、敵軍味方入り交じっていきなり踊りだすんだろ。



470 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:23:18.79 ID:tPoKr+ov0
>>360
インパール作戦を聞いた将兵は生きては帰れな事を悟ったと言うしな。
パラオ諸島のペリリュー島でも玉砕を覚悟した日本軍守備隊が、
共に戦うと言った島民を邪魔だから出て行けと追い出したのは有名な話だ。
後で真意を知ったパラオの人達は台湾以上の親日振りが今でも有名だね。



473 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:23:43.55 ID:tGU705Vi0
この監督が朝鮮人の嫌がらせにあいませんように(祈)


476 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:24:01.70 ID:L6tLtH5q0
>>370
連れて行った6000人のインド兵を最前戦に配置せず、
 しかも日本軍がこれらの兵士を守るようにして戦った。

 インドの独立はインド軍が戦ってなし得る必要がある。
 その為にインド軍の養成と温存が必要だった。
 チャンドラボースの強い要請でインパール作戦は実行された。



478 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:24:40.79 ID:HQcPney00
パラオは国旗も日本に伴ってるからな


481 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:25:10.74 ID:IgT1y8Yn0
インパール撤退中も餓死や自決病死はあっても
日本兵による略奪などの話はまるでない。
誇り高き帝国陸軍将兵に敬礼。



482 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:25:13.17 ID:X4ijc0w20
なんでインパール作戦なん?
日本軍のいい所まるで無いと思うんだけど



485 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:25:27.79 ID:pAAcsJah0
>>377
> そんな「なぐさめ」が必要な時点で、戦争は負けだよね。
> 勝たなきゃ意味がないのですよ、戦争は。

植民地の一切合切と引き替えに戦争に勝利したイギリスのその後の凋落ぶりを見せられるともうね・・・



487 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:25:49.91 ID:WoQBEFne0
■ ネイール元インド首相 ■
彼等(日本)は、謝罪を必要とすることなど
我々にはしていない。
それ故に
インドはサンフランシスコ講和会議には参加しない。
講和条約にも調印しない。



489 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:25:56.64 ID:K3X2BFKH0
>>470
あれは島民巻き添えにしたくなかったとか舩坂氏言うとったな



495 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:26:21.60 ID:MZDXS+x10
>>423
クルガ兵はヨーロッパ戦線では苦戦してるんだよな。
一番ひどい戦線に投入されて物あるけどね。
ドイツ軍は安易に白兵戦なんてしないし、
させられるだけの近距離まで近づけさせない。
さすが、第一次の塹壕戦経験してるだけのことはある。



500 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:27:12.63 ID:eICBPdUU0
>>446
洪将軍(ソウル出身)

44年、反日組織から日本内部の内情を提供するよう言われるも、
「少将の私が裏切れば、朝鮮人兵士すべてが卑怯者のレッテルを貼られてしまう
 私にはそのような事はできない」
と断る


終戦時は帝国陸軍中将・南方総軍兵站監
その後、マニラ法廷にて(食料不足から)捕虜に十分な食事を提供しなかった罪で起訴され、絞首刑
自身の弁解は一切せず、
終始仲間や部下を助けるために証言しつづけた

牟田口なんかよりもよっぽど気品あるよ



501 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:27:16.37 ID:qE6vtUR/O
作戦前には現地有力者に協力依頼と領地でご迷惑をかけるかも…で、貴重なガソリンをドラム缶一本配ったりしてるんだよな。

かたや、英は病院襲撃したり投降した看護婦を全裸にして戦車に張り付けて攻めてきたり…



502 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:27:20.62 ID:E+On9mn5O
もし資金援助してる日本企業が居るんなら、全力で販促キャンペーンすべきだな。

反日企業へのネガキャンだけじゃダメだ。
企業への信賞必罰を日本人消費者がハッキリ打ち出さなければ、愛国企業は増えていかない。



506 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:27:34.64 ID:SWlKKgzFP
TV東京が出してる「世界の秘境」ってDVDでコヒマ周辺を特集してる巻があるけど
21世紀になってもとんでもない僻地っぷりだった。あんなところに戦前行った日本軍やら
英軍は凄いと思う



508 美香 ◆MeEeen9/cc [じょうだんだもっ♪] 2012/06/24(日) 22:27:52.83 ID:FChBB1m+0
>>1
∋*ノノノ ヽ*∈
 川´・ω・`川 気品にあふれた人たちが
           朝鮮人を無理矢理従軍させて慰安婦にしますか?

           はいINDIA人論破。



510 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:28:00.13 ID:PiHqlOFl0
ベトナム戦争での朝鮮人の残虐行為を映画化しようぜ。日本が前面協力で。


511 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:28:03.17 ID:WoQBEFne0
■ アラ・ムジャ陸軍大将 ■
日本にはあと五年がんばってほしかった。そうすれば中東とアフリカはもっと早く独立できたはずだ。
中東もアフリカもこんなに苦しまずにすんだはずだ。


■ ナーセル 第二代エジプト大統領 ■
アジアには日本がいた。アフリカには日本がいない。



515 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:28:24.30 ID:KmAYd/Kv0


イ ン ド は ネ ト ウ ヨ



519 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:29:12.19 ID:TKAc7+bU0
>>485
そう。「勝っても悲惨」なことががあるのが戦争。

軍オタになって、戦史を勉強したら、普通は反戦思想になるよねぇ



522 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:29:47.04 ID:FHe9j5hE0
>>495
そもそも日本兵なんて生粋の職業軍人じゃなくて
その辺の兄ちゃんが召集されて申し分程度の訓練
をしただけで戦場に駆り出されただけ
個々の戦闘能力なんて言われるほど強くは無い



527 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:30:18.93 ID:vsBGAtzW0
末端の兵士は本当に良く頑張ったけど司令官のムタが日本軍事史上最低レベルのカスだった・・・


528 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:30:22.69 ID:mBGAaCEA0
実際、日本兵がどんなだったとか、
今の俺らには知る由も無いけどな
悪にするなり美化するなり勝手にしてくれ



529 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:30:28.60 ID:/UKWJmqd0
インパールは最低の作戦だけど、参加した兵の精強ぶりは、イギリス軍切っての
勇猛果敢なグルカ兵が病気と飢えでやせ細った日本軍の奮闘を見て、泣くくらい
の奮闘ぶりだった。

・・・まああれだ、民主党みたいなバカに縊り殺される氷河期の連中が兵隊みたい
なもんだな。



530 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:30:33.10 ID:g5ETP7veO
腹を満たすものは?
一般人「飯」
牟田口「大和魂」
ワタミ「ありがとうの言葉」



531 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:30:33.26 ID:BwBmpy8Y0
昔ながらの植民地政策は現代では出来ないし、
無理やりにでも売つけるにはどうしたもんかなー

そうだ、TPPで合法的に市場をこじ開けちゃえ



533 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:30:46.89 ID:FnXtsCSB0
>>500
事実かどうか確認した上で評価する。
悪いが朝鮮ネタは誇大に捏造する輩が多くてな



535 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:31:17.42 ID:HQcPney00
日本兵は強いというか我慢強い

だから上は無茶ばかり言っても大丈夫だろうと思う

今の企業も同じ



538 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:32:02.97 ID:tVjBRfa90
作戦開始前に補給が続かないとして、作戦中止を進言した輜重出身の高級参謀を罷免したのは牟田口指令


544 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:32:26.31 ID:DlIPs++Ji
>>1
日本で上映するなら是非観に行きたいけど、映画館前では左翼反日市民団体が気勢をあげて入館を邪魔したり、マスゴミが入館者を撮影してるんだろうな。



547 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:32:59.43 ID:gBxZFS8O0
>>535
臆病なだけだよ。
誰も言わないから何も言わない。
内務省の目が光って思想の一本化やってた時代なら尚更。



550 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:33:09.58 ID:WoQBEFne0
■ オン・サン(ビルマ独立の父) ■
日本の軍事訓練は厳しすぎた。何度か自殺を考えるほどだった。
しかし、ラン・グーン(ヤンゴンの旧称)が落ちたとき、我々は間違っていないことを確信した。

1948年8月1日 独立を宣言

しかし、日本軍の劣勢は彼等の決断をせまる。
独立維持の密約をイギリスから取り付けたオン・サンは、日本からの離反を決意。
同士の説得を開始する。

■ ミン・オン(ビルマ義勇軍設立メンバー) ■
その判断は正しい。ビルマは生き残る術は他にない。
しかし‥‥‥私は日本を裏切ることはできない。
ミン・オンは離反を拒否し自決の道を選んだ‥‥

終戦後、イギリスは密約を無視。
再植民地化に乗り出すが、イギリスはそれが不可能であることを悟った。

日本とオン・サンらが育てた、ビルマ義勇軍10万が英に立ちはだかった。

1948年1月4日ビルマ完全独立、式典にオン・サンの姿はなかった。
(47年7月暗殺 32歳)



552 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:33:21.15 ID:IgT1y8Yn0
ネットが普及して本当の歴史が語られるようになってきたのは良いこと
いままで戦勝国のプロパガンダ史観と左翼自虐史観のダブル捏造ばかりだった。

支那朝鮮の歴史史観は問題外。



555 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:34:03.61 ID:AdKZDQME0
>>470
>パラオ諸島のペリリュー島でも玉砕を覚悟した日本軍守備隊が、
>共に戦うと言った島民を邪魔だから出て行けと追い出したのは有名な話だ。

眉唾だが。

ペリリュー島民の強制移住は1943年9月。
ペリリューの戦いの1年以上前。



559 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:34:50.33 ID:MZDXS+x10
>>527
よく言われる、最強の軍隊を作るとしたらとのたとえ話だね。
兵隊は日本人、下士官、参謀はドイツ人、将軍はアメリカ人。
最低の軍隊だと、
兵隊はイタリア人、参謀は日本人 将軍は中国人だったかな?



563 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:35:09.40 ID:ORhTEtIF0
で、どこでどんなダンス踊るんだ?


565 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:35:31.80 ID:WazrWZ0w0
 平成九年、インド独立五十年の記念式典の際、在郷軍人会のヤダハ代表は
出席した加瀬英明氏(日印親善協会会長)に対し、インド国民の感謝の言葉を靖国神社に
奉納してほしいと要請した。次の文章である。

 「われわれインド国民軍将兵は、インドを解放するために共に戦った戦友として
インパール、コヒマの戦場に散華した日本帝国陸軍将兵に対してもっとも深甚なる敬意を
表します。インド国民は大義のために生命を捧げた勇敢な日本将兵に対する恩義を
末代にいたるまで決して忘れません。我々はこの勇士たちの霊を慰め御冥福を
お祈り申し上げます」
 またレイキ法学博士はインパール作戦にふれ、「太陽が空を輝かし、月光が大地を
うるおし、満天に星が瞬く限り、インド国民は日本国民への恩義を忘れない」とのべた。



567 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:35:49.68 ID:7k/zZkHY0
韓国人が撮影妨害

予算が尽きる

中国人が出資

反日映画に



572 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:37:04.68 ID:L6tLtH5q0
>>482
インパール作戦はインドを独立させるための作戦だ。
 そして、この作戦は成功してインドは独立した。

 戦後のマスゴミ等の情報操作でインパール作戦は醜いことになっているが、
 真実を知れば帝国陸軍の誇り高さが解る。



575 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:37:31.66 ID:eICBPdUU0
>>527
ところが、牟田口でも最低レベルじゃないんだな

・「諸君だけを死なせはしない。必ず本官もあとを追う」
 といって特攻隊を送り出して指揮下のパイロットを死なせる
・「沢山の特攻隊を送り出しておいて、マニラ放棄なんてとんでもない」と撤退を拒否したのに
 いざ敵が迫ると、司令部要員を捨て駒にして酒と芸者を連れ後方に脱出

こんなヤツがいるから困る



576 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:37:43.82 ID:R8FqCetm0
ちゃんと明治維新から太平洋戦争に至る話でも作ってくれないかな。
日本人の大半が、ちゃんと歴史を知ろうともせず、「戦争よくない」で思考停止してるよ。



581 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:38:17.27 ID:qYbHGLutO
俺のじいさんは教師だったが、終戦間際に赤紙貰って、
この作戦に動員されてあっという間に散ったそうだ



583 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:38:40.40 ID:mYeCfAWj0
>>575
陸軍はカスばっかだからな。
今村中将とかまともな方が少ない。



585 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:38:40.79 ID:9RK2ppEP0
>>575
まぁ彼もその後満州に送られて、ソ連で少しは鍛えられたんじゃないだろうか



599 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:40:59.52 ID:LZFoP+6S0
珍しいな他所の国の軍隊をいい感じに描く映画って


600 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:41:28.33 ID:FnXtsCSB0
>>576
そうだな。
例えば中国が攻めてきても、
戦争よくないから戦わずに国を捨てる。
では日本人は難民になるしかないもんな。



604 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:42:26.29 ID:7yvDJcRi0
>>576
「戦争はよくない」圧倒的な不変のわかりやすい正しさだからな
しかしながら「武力の無い平和など絶対ありえない」というのも不変
今の日本人は「武力の無い平和など絶対ありえない」というのを忘れている



605 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:42:33.40 ID:WazrWZ0w0
インドと日本は共に血を流して戦った盟友

http://ja.wikipedia.org/wiki/ インド国民軍

>インド国民軍(インドこくみんぐん、Indian National Army、略号:INA)は、
>太平洋戦争(大東亜戦争)中に日本軍の支援によって設けられた、
>英印軍の捕虜の転向者を中心としたインド人部隊。

>インド独立運動の英雄の1人であるスバス・チャンドラ・ボースが来日し、
>イギリス領インド進攻作戦が具体的に検討され始めてから次第に重装備化され、
>本格的な軍隊となった。

>チャンドラ・ボースの率いるインド国民軍の出現と、
>彼らがインド解放を目指して実際にインド領内への進撃を開始した事は、
>インド独立運動の拡大に大きな影響を与え、
>1857年のインド大反乱(セポイの乱)を第一次インド独立戦争とする立場からは、
>インド国民軍の戦いは第二次インド独立戦争と呼ばれている。



611 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:43:09.45 ID:QnIbwcZH0
>>409
アメリカ軍は日本人の民間人を狙って殺したんだよ
バックナー中将が殺された報復で
日本軍がいない地域でも部落ごと全滅だよ



612 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:43:18.54 ID:NU6mzV9y0
それにしてもさあ 完全に日本人だけで戦えば良かったのにねえ
脱亜論じゃないけど、朝鮮人とはかかわるなって
昔から散々言われてきてんのに、なんで同じ軍に入れちゃったの?
やっぱ人足りなかったから?
残虐行為なんてさ、もちろんやった日本人もいただろうけど
ほとんどがウンコ食ってたり近親相姦とかで
精神疾患持った朝鮮人の仕業じゃねえの?
中国人のばあちゃんがが言ってたよ。
私が見て知る限り、本当に酷いことしたのは朝鮮人だったって。



613 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:43:34.39 ID:zw5scwD60
>>599
え?

こんなの作ってる国に住んでるんじゃないの?
http://www.amazon.co.jp/dp/B00011F1CU

さとうきび畑の唄 完全版 [DVD]さとうきび畑の唄 完全版 [DVD]
(2004/01/23)
明石家さんま、黒木瞳 他
商品詳細を見る



615 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:43:47.81 ID:MbUPDsc10
>>300
だからGHQに占領されて民主化されたら大発展しただろ
またその戦後民主主義も風前のともしびになってきたけど



620 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:44:02.43 ID:OHSHBaSa0
>>583
海軍もなかなか。
いち早く占領軍に協力して全部陸軍になすりつけた結果、死刑囚無しの
成果を勝ち取ったからね。



624 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:45:18.69 ID:vsBGAtzW0
>>575

いやいやいやww
ムタさんのヒドさは並大抵じゃないぞww

:「日本人は草食民族である。故にジャングルで餓死などありえん」と食料ロクに持たせず行軍
 結果餓死病死が戦死を上回る。
:兵士が餓死している間も自分は後方で5時には浴衣に着替えて芸者遊び。
:インパール作戦の失敗は師団長の責任である。自分は悪くないと遺族の前で開き直り。
:作戦失敗の時、副官に「なあなあ、ワシは切腹した方がいいかな?」と尋ねて副官曰く、
 「昔からそういうこと言って実際腹を切った人はいません。そうやって言われたら
  私は立場上止めなければなりません。腹を切るなら私がいないところでどうぞ」と言われて切腹せずw

ドヤァwwwまだまだあるよ~w



625 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:45:25.19 ID:HLZNwuW30
>>533
洪将軍ってのが洪思翊の事だとすれば売国奴と言われて財産を全て巻き上げられて
日本に亡命した人だからかなりマトモな人間だと思うよ



626 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:45:32.13 ID:qoxlKNum0
>>519
正しい軍オタは反戦思想云々というより
「戦争に負けない軍隊(組織)」というものを理想とする為に
戦史を見なおして反省・賞賛・学習するもんだよ
また当時の兵器一つからも、その時の国の思想や政治体制を推論出来る

その俯瞰的思考から、「例えば」現在の官僚機構や東電などの硬直権益や議会政治の沈滞やマスメディアやらなどの
戦前日本に共通した弊害にも思いを巡らす事ができるんだよ

戦史を見て単細胞に「反戦」やまたその逆の「戦争賛美」という二極脳に陥る軍ヲタは
視野狭窄と言わざるをえないね



629 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:46:13.66 ID:tPoKr+ov0
>>555
【ある老人が若い頃日本兵と仲良くなり、戦況が日本に不利となった時
「一緒に戦わせて欲しい」と日本兵隊長に進言したが「帝国軍人が貴様らなどと戦えるか!」
と激昂され、見せ掛けの友情だったのかと失意の中、島を離れる船に乗り込んだ。
が、船が島を離れた瞬間その隊長を含め日本兵が手を振って浜へ走り出てきた。
老人はその時、隊長が激昂したのは自分達を救う為だったと悟ったという。】



633 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:46:51.95 ID:YeLOj+530
>>600
東西冷戦の発生もあったが、アメリカの統治が、あり得ないくらい甘かったからなあ。
労働組合は組織させてくれるわ、食料援助もしてくれるは、技術顧問団は派遣してくれるわで。
鉄道のレールや工業機械や資材まで根こそぎ持ってくソ連みたいな国に統治されてたら、
非武装中立とか幸福論とかなお花畑思考は根付かなかっただろ。



634 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:46:58.67 ID:Tmw4D9Wj0
個々の兵隊さんたちが普通の善良な人間であったことと、陸軍および政府の無能さとは別次元の話。
反自虐史観とかいって後者まで無理やり礼賛しようとする阿呆は救いようがない。
むしろ愛国者なら、そんな素晴らしい兵隊さんたちを見殺しにした大日本帝國そのものを徹底的に批判すべき。



637 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:47:24.68 ID:QJCViU5q0
まぁ同じ1/2インチ機銃弾ですら陸軍と海軍で規格が違って融通できなかったくらいだしのう・・・


638 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:47:25.64 ID:ov2a8Rhw0
20万人動員したんだから、慰安婦も1万人くらい連れて行ってるんだろう?
毎日乱交パーティーできそうだな。



640  忍法帖【Lv=40,xxxPT】  2012/06/24(日) 22:47:38.03 ID:gePChOSo0
今でも日本人は世界でモラル高いと言われてるが
今の日本人が見ても当時の日本人のほうがモラルや規律が高かったと思うのに
当たり前。欧米が自分たちが「悪」といえないから日本人兵を悪にしたてただけ。



646 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:48:49.16 ID:AokDeaC+0

>>572

こんなトンデモがいるんだなw

さすがのウヨでもここまで狂ってはいない



647 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:49:15.21 ID:qg/1g0Gy0

「昼に萎んで夜に咲く~鬼の主人のきげん取り~」

「わたしは何で~このな辛い勤めをせにゃならぬ~」

「これもぜひないお国のため~」


日本の真の国歌である「女郎宿の歌」です

強制連行した従軍慰安婦に歌わせ忠誠を尽くさせた。とハルモニたちは証言しています

日本は過去もいまもそういう国なのです



648 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:49:17.09 ID:HdVIdpoe0
>>612
昭和6年に万宝山で朝鮮人が中国人に襲われた逆恨みで
半島の中国街を襲撃して対中強硬論を煽り、
満州事変の一因になったんだよな



651 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:50:46.28 ID:0GyFGx0YO
 『「日本国が日本国民に何をしたか」の方が、遥かに重要だ』。
◆NHK-BSプレミアム 証言記録・兵士たちの戦争「占領地の治安戦~独立混成第4旅団~」
■中国で強姦があったのは、日本軍の記録から明らか。
 下級兵ではなく、上等兵が中国人を強姦。その上等兵を軍が裁いた記録が残っている(毎年約50人、部隊のトップが裁かれクビに)。
■大本営から、「村人の反発を招くから家畜は殺すな」と命令が出ていたが、上等兵が腹いせに命令を出して、家畜を殺していた。
■中国でゲリラから攻撃を受けた日本の部隊が、腹いせに、ゲリラとは関係ない近くの村人を連行し倉に入れて、周りにワラを敷いて火を付けて殺した。
■18歳で中国に配置されてびっくりした。
 銃剣の訓練で、生きた中国人を縄で木にくくりつけ、「さぁオマエラ、訓練だ、刺せ!」と上等兵が命令。
 一体何を言っているんだ!?と頭が真っ白になった。
 誰も刺さないから、「刺したくない者は手を挙げろ」と言ったら、一人が手を挙げた。そうしたら、顔に平手打ちを何発もされた。それから、誰も手を挙げなくなった。
 刺すと生きているから、うめき声が出るんだ。



652 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:50:47.78 ID:WoQBEFne0
平成九年、インド独立五十年の記念式典の際、在郷軍人会のヤダハ代表は出席した加瀬英明氏(日印親善協会会長)に対し、
インド国民の感謝の言葉を靖国神社に奉納してほしいと要請した。次の文章である。

「われわれインド国民軍将兵は、インドを解放するために共に戦った戦友としてインパール、
コヒマの戦場に散華した日本帝国陸軍将兵に対してもっとも深甚なる敬意を表します。
インド国民は大義のために生命を捧げた勇敢な日本将兵に対する恩義を末代にいたるまで決して忘れません。
我々はこの勇士たちの霊を慰め御冥福をお祈り申し上げます」

またレイキ法学博士はインパール作戦にふれ、「太陽が空を輝かし、月光が大地をうるおし、
満天に星が瞬く限り、インド国民は日本国民への恩義を忘れない」とのべた。



653 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:50:57.19 ID:MbUPDsc10
>イギリス軍のアーサー・パーカー中佐は、昭和37年7月25日に牟田口へと渡された書簡で、意表をついた作戦と評価し、
また、師団長の後退がなければ、最重要援蒋ルートであるレド公路への要衝でもあり、インパールへの補給・増援の
起点でもある要衝ディマプールは落ちていたかもしれないと牟田口を高く評価した[28]。
もっとも、たとえディマプールを占領できたとしても、維持できたかどうかは別問題である(詳細はインパール作戦)。
このパーカー書簡を読んで以後、牟田口は戦後それまでの謝罪活動を止め、上述のように自己弁護につとめた。


↑今のネトウヨのコピペみたいなのを見て元気づいちゃったんだな



655 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:51:03.67 ID:oMbxCGd5O
参加した師団が全て作戦に反対して独断撤退ってのも凄いな


661 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:51:47.49 ID:WazrWZ0w0
牟田口よりもその上司の寺内が最悪のカスだったんだよ
ちょうど菅のようなタイプの人物だった

寺内寿一(山口県)
広田内閣の陸軍大臣として軍部大臣現役武官制を復活させ、軍部の発言権を拡大させる。
太平洋戦争では南方軍総司令官として南方作戦を指揮した。
フィリピン決戦では37万人という大戦中最大の犠牲者を出す。死者のほとんどは餓死によるもの。
なお、このとき寺内はマニラからサイゴンへ逃亡し、赤坂から芸者を呼び寄せ豪遊していた。
その後、インパール作戦を強行するも、補給を無視した無謀な作戦で約8万人の犠牲者を出し、敗戦の原因をつくる。



666 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:52:47.21 ID:MZDXS+x10
>>620
それ、世界中どこでもだよ。
海軍は平時は、軍艦に乗って表敬訪問とかするだろう。
その辺のネットワークが構築されてるんだっていってた。
ドイツ、イタリア、日本とも海軍は極刑になった人はいない。
ニュールンベルグでもヒトラーの後を大統領になった、カール・デーニッツも
禁固10年で終わってる、商船破壊の立案者、一番刑が軽かったんだよな。



668 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:52:59.76 ID:j/Toag8+0
>>640
それに加えて、アメリカが黒人奴隷の罪を薄めるために
戦後に朝鮮人に「おまえら日本人の奴隷だったって事でいんじゃね?」
とやっちゃったから未だに朝鮮人がすっかりその気で日本蹂躙。



669 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:53:05.68 ID:AokDeaC+0

ちなみにインドが全国的に蜂起したのは非暴力のガンジーの指導によるものばかり


イギリスはチャンドラーボース云々で撤退したのではなく インド国内でヒンズー教徒とイスラム教徒の紛争が多くなり混乱を収拾できなくなったから



671 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:53:10.01 ID:KNyYGjKPO
NHKで、ボースさんを取り上げた時、最後のイギリスによる裁判の場面で、ドラマが終わってスタジオで拍手があった。その3人はインド国民軍の本人だったんだ。此のときはNHKやるなって、感動的だった。


675 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:53:44.48 ID:EYBUlsOt0
>>640
今はダメだよ。
世界最低の韓国人や中国人よりはマシっていうだけで。
まあ全員がダメとは言わないけどさ。
若い連中なんて、どこでも平気でペタペタ座るもんなあ。
見てて恥ずかしかったよ。



676 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:53:50.01 ID:/wTZGmk80
中韓が抗議するって人はインパール作戦って初めて聞いたとしか思えんな
日本の恥で黒歴史なのになにを抗議するのやら



678 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:54:04.59 ID:IykfaTWG0
>>648
幕末ごろ朝鮮にも黒船が行ったらしいが
上陸した特使をぶっころして、黒船に舟で近づいた交渉人は
アメ側でぶっ殺したらしいからね  徳川幕府と全然違うし



681 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:54:15.86 ID:L6tLtH5q0
>>646
事実だとこまるのか?
 >>652



682 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:54:26.93 ID:ov2a8Rhw0
>>655
携行したのは3週間分の食料のみ
普通に行軍して3週間だよ
それを戦闘しながらだからね
そりゃ当然だろう



685 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:54:44.79 ID:t1ih4b1R0
まあ裏じゃハンプ作戦で物資は豊富だったんだけどね
ほんと無駄死



686 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:54:59.63 ID:HdVIdpoe0
韓国併合後、朝鮮軍を創設したあたりからの陸軍は確かにおかしくなった。


691 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:55:45.07 ID:5+9/2CWM0
インパールで指揮をとった牟田口中将は出来た人だったらしいな
映像も多く残ってるがイギリス人捕虜もかなり丁寧に扱ってたようだ

結局大本営が無駄死させたわけだけどな
今の日本と同じだな
上層部のバカどもの利権のために国民が犠牲になる



692 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:55:47.19 ID:NU6mzV9y0
>>648
なんかそれって現在のシナや朝鮮では、日本の陰謀ってことになってるらしいぞw



695 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:56:17.40 ID:1s+D7q5I0
>>1

戦った相手ですら勝敗が決したら命を懸けて救助したり、敵対する戦死者を墓に埋めて慰霊したりと言う行為は旧日本兵くらいしかしないだろうな。
どこをどう見ても極悪非道な残虐殺戮マシーンとは程遠い。戦争なんだから相手を倒す行為はお互い様で当然の事であり、そのこと自体は批判の対象にすらならないしな。



699 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:57:10.49 ID:AokDeaC+0

>>681

何が事実なんだよw


インパール作戦は成功だった

インパール作戦はインド独立のための作戦だった



お前のこの主張はまったくのトンデモ。

それだけ覚えとけ



701 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 22:57:15.93 ID:FHe9j5hE0
日本兵が強く見えたのは気質の問題も有るよな
シナ兵ならちょっとやばくなったらアイヤー逃げるアル
と自分勝手にワラワラ逃げるけど
日本兵は逃げたくても え?お前独り逃げるの?
と睨まれると あ いえすんません と死ぬまで
戦うから結果強く見える



706 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:58:45.86 ID:WoQBEFne0
>>668
ヘレン・ミアーズ氏(GHQメンバー)

「なぜ日本が韓国国民を「奴隷にした」と非難されるか理解できない。
もし奴隷にしたならば、イギリスは共犯であり、アメリカは少なくとも従犯である。
日本の韓国での行動は全てイギリスの同盟国として「合法的に」行われたことだ。
国際関係の原則にのっとり、当時の最善の行動基準に従って行われたことである。
しかも原則は日本が作ったものではない。欧米列強が作った原則なのだ。
1910年、日本が韓国を併合したのは、韓国皇帝が「請願」したからだ。
歴史家は、日本は欧米列強から教わった国際関係の規則を、実に細かいところまで几帳面に守っていた、とほめるのだ」

GHQのメンバーの中には日本側の弁護士含む何人かは裁判のやり方がおかしいと
言ってたけど、結局はマッカーサーとその下部による日本リンチ裁判になり、
米英本国からも批判浴びて途中で無理矢理終わらせてるんだよね。



707 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 22:58:55.72 ID:R0p/uLGW0
>>669
イギリスがイスラム教徒煽ったって高校の教科書にも載ってるけどな



713 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 23:00:21.52 ID:t1q48XP+0
>>615
戦後の発展とお前の言う「民主化」とは関係ないぞ
そもそも戦前から日本は民主国家だったろうに
もうちょっと勉強してからモノ言え、アホ



716 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 23:00:34.07 ID:kGUHH94n0
>>647

ブサヨニートというやつは、こういう自分たちに不利な情報のスレがたつと、必ずと言っていいほど、このようなごく一部の心ない日本人の行動を強調して、
「日本人は悪いヤツらだ」
と言いたがるよね。
まぁ、ブサヨニートというのはネトウヨ以上に性格がひん曲がっているから仕方がないんだけれど。



717 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 23:00:35.34 ID:HdVIdpoe0
>>692
日本は誤殺の原因となるデマを飛ばした朝鮮日報を諌めて仲裁してるのにな



722 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 23:01:59.23 ID:mSp3wQ4R0
西洋人が有色人種を支配するとき
自分たちは支配の矢面にでずに、少数派に金をもたせてやらすのよくあるは方法
白人があからさまに支配すれば、歯向かってくるからね
少数派に金をもたせれば、命令せずとも、金の力であらゆるところに浸食していく

白人が統治支配するとき、少数派に金を注ぎ対立させた例
ルワンダの統治法  ツチ族 フツ族
ビルマの統治法   カレン族 ビルマ族
日本の統治法    朝鮮族  日本族
インドネシアの統治法 華僑  現地人
インドの統治法  シーア族  ヒンズー教徒

パチンコ経営を在日に任せたのもGHQ

詳しくは「間接支配」で検索

http://www.youtube.com/watch?v=sA93tp9OMdE
反日の在日朝鮮人を生んだのはGHQだった 民団、総連の母体になった在日朝鮮人連盟を作ったのはGHQ


戦後、アメリカ人が面白半分でやってた白昼堂々レイプ「処女狩り」6:15~
http://nicoviewer.net/sm17160460



730 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 23:03:30.77 ID:AokDeaC+0

>>707

だよ。

インド独立運動は全国的にひろがって、しかも非暴力なのでいちゃもんのつけようがなく


イギリスはインド独立を阻止するためにイスラムを煽りってインド分割統治に持ち込もうとした。

ところがそれが逆にインド国内を大混乱に陥れることになり イギリスは混乱の収拾もできず 利益もないので 撤退した。



740 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 23:05:28.38 ID:VxbyxEa10
牟田口エピソード
・戦場で食料がなくなると兵士に
 「日本人はもともと草食だから草を食っとけ。」
・道の悪い山道で弾薬を運んでいた際、運んでいた馬が次々と崖へ転落。
 「食料ないなら、落ちて死んだ馬食ってろ」。いわゆる「ジンギスカン作戦」。
・あんまり無茶ぶりするんであだ名が「無茶口」。
・終戦間際、インパールの責任を問われ
 「切腹するぅ!」と上司に訴え、上司「やるならやれば?止めないから」
 でも切腹せず。
・終戦後、都内でジンギスカン店開店。

映画作るなら牟田口のムチャぶり映画のほうが面白そうだよ。



745 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 23:05:49.55 ID:ZST35j610
>>716
一部の韓国人がしてる事で、『韓国人全員が悪い』って言うデマを流す
ネトウヨと、どっちの方が悪質なんだ? このスレでも、関係ないのに
韓国人叩きをしてるバカがいるし。



749 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 23:06:20.27 ID:B9ZmjodY0
日本兵は立派だっただろうが、大本営陸軍部や牟田口がスカポンタンだったからな。。。


750 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 23:06:25.03 ID:WoQBEFne0
攻められて何もしないで死ぬよりも、死ぬ覚悟で戦い迎えって感じだからな
始めっから経済格差や人口の差を分かってて挑んだ戦争でしょ。



752 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 23:06:57.66 ID:mSp3wQ4R0
>>722


http://www.youtube.com/watch?v=CunDINRHP_8
2分50秒から

分断して支配するこれがイギリスのやり方でした
今のインドの問題はすべてイギリスが残した遺産なのです
カースト、人種、宗教問題はイギリスによって
より強調され、より対立が深められました



758 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 23:08:05.23 ID:VnKt0sNG0
>>651
高校の時、そーゆー証言集の三光っての読んで酷いと思ったもんだが
今思うとありゃ戦後中国に再教育された奴が書いてたんだよなあ



762 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 23:08:39.41 ID:0GyFGx0YO
◆NHKスペシャル 日本人はなぜ戦争へと向かったのか―戦中編―
■大東亜共栄圏はやけっぱちだった
 日本には戦争計画(どこまで拡大するのか・どうやって終結させるのか)はもとより、占領地運営の計画も無かった。
 占領した後の経済や政治の運営はどうするのか?急遽持ち出されたのが、この大東亜共栄圏だった。
 1942(昭和17)年3月、首相官邸に大企業の経営者や経済界のリーダーが呼び集められた。「大東亜建設審議会」。
 大東亜共栄圏の経済運営の検討に専門家として関わってもらうため。
◆満州重工業総裁・鮎川義介
「極端に言いますれば、向こうから取ってきた資源は対価を払わんでもよろしい。タダで取る。
 いわゆる出世証明のような方法で、支払いは100年先でもよろしいと、私は思うのではあります」
◆王子製紙社長・藤原銀次郎
「しかし、オマエ達は裸でおれ、食う物が無くなったら死んでもやむを得ないという政治を、露骨に実行し得るかどうか」
◆鐘淵紡績社長・津田信吾
「日本を中心として搾取していかねば続かないという事は、ごもっともな意見ではありますが、そこは公明正大にカモフラージュすへきかと」
 露骨な搾取に躊躇する一部の参加者を、政府代表が後押しした。
◆企画院総裁・鈴木貞一
「私はこう思う。今日、日本がやっておる事は、欧米の思想から見れば搾取であるかもしれん。
 しかし、自分の成す事に正義感を持ってやる場合には、搾取という思想にはならないと思う」



763 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 23:09:11.02 ID:L6tLtH5q0
>>581
ブログ ねずさんのひとりごと 『インパール作戦とパル判事』を読んでみな。
 爺さんを誇りに思えるよ。
   http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1164.html



769 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 23:10:34.52 ID:Vj+5/nEs0
インドの史観で観れば、この作戦も歴史的意義は高いだろうな。
日本から見れば最悪なんだけど



773 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 23:10:53.64 ID:vsBGAtzW0
>>749

イギリスBBCのドキュメントシリーズ「戦争の世紀」でもビルマ戦線で戦ったイギリス兵士が
「彼ら(日本兵士)は劣悪な環境でも本当に勇敢に戦った」と証言していたぞ。
ムタ、辻に代表されるように司令官はアホぞろいだったが兵士の士気は世界トップクラスと言っていいだろう。



774 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 23:10:57.21 ID:ZST35j610
>>750
だから、軍部はバカなんだよ。初めから負ける戦争をしかけて、どんだけ
国民に迷惑をかけたんだよ。



775 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 23:11:05.39 ID:g/K9Nlic0


「アジアの解放」は後付けの理由。

元々そんな高尚な考えなんかなかった。
が、いきなり来て「お前ら出て行け」とはさすがにどうかという話になり

じゃあ「解放しに来たんだよってことにすれば協力してくれるだろう」ということで、大義名分が解放となったのである。

ここらへんは、いかにも日本人らしい。
ヨーロッパやイギリスなら問答無用で奴隷化だろう



776 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 23:12:00.83 ID:ZO7F/rai0
>>695
スラバヤ沖海戦の駆逐艦雷が撃沈された426人の英水兵を救助したのは有名だね。
雷の乗組員220人より倍位多いw



777 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 23:12:02.51 ID:BcH+hnjt0
元イギリス海軍士官、スウェーデン大使、サムエル・フォール卿
「自分が死ぬ前に、誇り高き日本人である工藤艦長に、是非、
お礼を言いたくて日本を訪れたのです。
深い尊敬と感謝の念を抱いています。」
自伝の献辞
「日本帝国海軍の工藤俊作中佐に捧げる」



781 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 23:12:30.36 ID:LZkVt7wM0
牟田口の一番の失敗は、遊牧民がやる作戦だからって、
遊牧生活した事ないヤツラにやらせた事だろ



782 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 23:12:45.49 ID:LZFoP+6S0
>>774
最初、軍は乗り気じゃなかったが
朝日と国民は超イケイケ



783 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 23:13:22.82 ID:0GyFGx0YO
■1942/06/05、ミッドウェー海戦、敗戦
 アメリカの反撃により、虎の子の空母4隻をはじめ、日本の機動部隊は壊滅。今後の攻勢にも占領地域の防衛にも影響する、致命的損害だった。
 しかし、この重要な情報も、国家の首脳部で共有されなかった。海軍は拡大策の破綻を必死に隠そうとした。
 大本営政府連絡会議の企画院総裁・鈴木貞一には知らせなかった。
 敗北の事実は、内密に東条英機首相には知らされた。東条側近の西浦大佐は衝撃的な事実を告白していた。
◆西浦進 陸軍省軍事課長
「その時、(東条首相は陸軍大臣も兼ねていた)大臣は『うーん』と言っていました。『4隻ともやられたか』と言って、さすがに大臣も『うーん』とうなっていましたが、
 しばらくたってから、『この秘密は守ろう。海軍の頼みだから守ろう』。それから『この機会に海軍の非難は一切するな』ということだった」
 この刻もまた、リーダーは国家の利益より組織のバランスを優先する態度をとった。バラバラの戦争はこの後も放置され、日本の破局はすぐそこまで近づいていた。

■失敗の隠蔽
 膨大な数の兵士と国民。国家の政策の失敗は、常にそこに投入された人々の犠牲によってあがなわれ、それゆえにこそ、さらに多くの人々がそこに送り込まれていった。
 300万人の命の重さ。
 ミッドウェー敗北の事実をふせるため、ガダルカナルの戦場へ人々は送り込まれた。
 充分な準備も無かった日本軍は、武器も食糧も失い、大量の死者を出した。
 その先に待っていたのは、想像を遥かに超える数の国内外の犠牲者だった。
■果てしなき死
 ▽ガダルカナル戦…死者2万人
 ▽インパール作戦…死者7万2000人
 ▽ニューギニア戦…死者18万人
■大本営政府連絡会議…軍と政府のトップが顔を揃える、事実上の最高意思決定機関
 ▽首相・陸軍大臣…東条英機
 ▽海軍大臣…嶋田繁太郎
 ▽企画院総裁…鈴木貞一
 ▽外相
 戦争を指揮する統帥部の代表
 ▽海軍・軍令部総長…永野修身
 ▽陸軍・参謀総長…杉山元



785 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 23:13:35.70 ID:LxrEdg8P0
ワタミ社長「『無理』というのはですね、嘘吐きの言葉なんです。
       途中で止めてしまうから無理になるんですよ」
村上龍「?」
ワタミ「途中で止めるから無理になるんです。
    途中で止めなければ無理じゃ無くなります」
村上「いやいやいや、順序としては『無理だから→途中で止めてしまう』
    んですよね?」
ワタミ「いえ、途中で止めてしまうから無理になるんです」
村上「?」
ワタミ「止めさせないんです。鼻血を出そうがブッ倒れようが、とにかく一週間全力でやらせる」
村上「一週間」
ワタミ「そうすればその人はもう無理とは口が裂けても言えないでしょう」
村上「・・・んん??」
ワタミ「無理じゃなかったって事です。実際に一週間もやったのだから。
    『無理』という言葉は嘘だった」
村上「いや、一週間やったんじゃなくやらせたって事でしょ。鼻血が出ても倒れても」
ワタミ「しかし現実としてやったのですから無理じゃなかった。
    その後はもう『無理』なんて言葉は言わせません」
村上「それこそ僕には無理だなあ」



790 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 23:15:00.31 ID:eICBPdUU0
>>781
一番の失敗は、
牟田口が司令官にもかかわらず、作戦の趣旨をきちんと理解してなかった事



796 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 23:15:51.32 ID:i+fAxpUv0
>>773
ソ連のジューコフ将軍も言ってたな
日本兵は世界一勇敢なのに、日本の指揮官はバカばっかりだって



797 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 23:16:00.85 ID:XPzwZhQ50
藤原機関
http://www1.ocn.ne.jp/~terakoya/fujiwara.html

> インド北東部のインパール攻略戦で、藤原岩市参謀は地獄を見た。
> 戦闘は悲惨な結果に終わるが、そこにあったINA の存在を忘れてはならないだろう。

> その惨状は高木俊朗の『インパール』(文春文庫)などに詳しいが、膨大な資料を駆使して
> 書かれた同書を含め、多 くの戦記本がINAの活躍について僅かにしか触れていない。なぜ、
> インパール作戦に踏み切ったのか?それはF機関をはじめ、わが日本軍がINAとの約束を
> 果たす為でもあった。

> チャンドラ・ボースを筆頭にインド兵はビルマの山岳地帯で死力を尽くして戦い抜いた。
> 日本にとっては悲劇的な戦いであったが、 決して無益な作戦行動ではなかった。
> この作戦を戦い抜いたことでINA兵士は、インド国民から熱狂的に支持されたのだ。
> その事実は、大東亜戦争の本質を明かすものである。



803 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 23:16:31.23 ID:YIGLdkzv0
「綺麗じゃない日本軍」描いたら反日ニダ反日ニダと発狂するクソウヨでも
インパールだったら横暴な日本人将校描いても発狂しないしな



804 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 23:16:37.55 ID:HdVIdpoe0
>>774
>>782
日露戦争がうまくいっちゃったのが、すべての元凶かと
あれで大陸と半島に突っ込んで泥沼の道へいくのが確定したし



805 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 23:16:48.83 ID:ZST35j610
>>782
新聞も国民の戦争を支持しないと、軍部や特高からヒドイ目に遭わされるんだから、
仕方がないだろ。

どっちも、クソバカ軍部の被害者なんだよ。



809 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 23:17:53.73 ID:FHe9j5hE0
>>782
愚民は全然成長してないよな
日本の最大の敵は今も昔もカスゴミだろうに
こいつらを一度徹底的に粛清しないと始まらんよ



810 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 23:18:03.82 ID:C/GroP6J0
>>804
日露戦争が失敗したら、白人の植民地支配100%完了だったんだけど



814 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 23:19:17.79 ID:LZFoP+6S0
>>805
いーやぁ
朝日は情報統制する側だよぉ



817 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 23:19:41.06 ID:LZkVt7wM0
>>790
インドを攻略するって作戦そのものは正しいでしょ
遊牧民なら兵站も必要としないし…



828 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 23:21:03.12 ID:g/K9Nlic0
東条
無駄口
源田


あと誰だ
悪いほうの評価が有名なの



830 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 23:21:22.58 ID:vsBGAtzW0
>>804
日露戦争自体は緒戦の勝利だけでなく開戦前からアメリカを仲介に付ける確約をして
ロシアの勢力を削ぎたいイギリスと同盟、勝利してる間に講和と引け際も見事としか言いようがない。

問題はその後調子に乗っちゃって、勝機がないのに「精神力でなんとかなるべ」と戦争に突入しちゃったこと。



833 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 23:21:34.83 ID:nndiJyLv0
>>804
満鉄にアメリカ資本を入れて、イギリスの狗からアメリカの狗になっていれば、
太平洋戦争は避けられただろ。もっとも、世界恐慌時に赤色テロで混乱して、
共産化するか、良くて分断国家になってただろうけど。



837 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 23:21:53.11 ID:Jbgf+3CvO
やっぱり唐突なダンスシーンが出てくるのかな?日本兵とグルカ兵の


839 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 23:22:13.99 ID:cHDVyv150
牟田口が最後に
自分で配ってた言い訳のチラシを見たいな



847 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 23:23:25.77 ID:1s+D7q5I0
>>839

牟田口 『無駄口を叩くな!』



850 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 23:23:57.08 ID:g0fU3VF/0
>>376
しかし、ネルーはその興奮のあとの日本への幻滅についても記している。
『ところが日露戦争のすぐあとの結果は、一握りの侵略的帝国主義国のグループにもう一国(日本)をつけ加えたというにすぎなかった。
そのにがい結果を、まず最初になめたのは朝鮮であった。』(「父が子に語る世界歴史」ネルー著:
この著作は独立闘争で獄中にあったネルーが、娘であり後にインド首相となったインディラ・ガンディーへ送った手紙の内容をまとめたものである)


一握りの侵略的帝国主義国のグループにもう一国(日本)をつけ加えたというにすぎなかった。
一握りの侵略的帝国主義国のグループにもう一国(日本)をつけ加えたというにすぎなかった。
一握りの侵略的帝国主義国のグループにもう一国(日本)をつけ加えたというにすぎなかった。
一握りの侵略的帝国主義国のグループにもう一国(日本)をつけ加えたというにすぎなかった。
一握りの侵略的帝国主義国のグループにもう一国(日本)をつけ加えたというにすぎなかった。
一握りの侵略的帝国主義国のグループにもう一国(日本)をつけ加えたというにすぎなかった。

ネトウヨのホルホルが哀れwwwwwwwwwwwwwwwwww



861 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 23:25:27.29 ID:foYPVojgP
自虐教育ばかり受けてきたせいかな?w ちょっとした褒め言葉でドキドキしちゃうw


863 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 23:25:29.41 ID:9zPRvTBM0
>>669
>終戦後、イギリスは元インド国民軍将兵約20,000人を、イギリス国王に対する反逆罪で裁こうとした(11月5日の発表では起訴の対象は約400名)。
>しかし、この裁判を機にインド民衆の間に独立の気運が一気に高まった。
>次々とゼネストや暴動が起きる中、国民会議派も「インド国民軍将兵はインド独立のために戦った愛国者」として即時釈放を要求、
>1946年2月には英印軍の水兵たちも反乱を起こし、ボンベイ、カラチ、カルカッタで数十隻の艦艇を占拠し「インド国民軍海軍」を名乗った。
>水兵たちは市民に混じって官憲と市街戦を展開、英印軍の将兵たちはイギリス人上官の発砲命令を拒否した。
>また、人々はイギリスの植民地政府による日本への戦勝記念日に弔旗を掲げて抗議の気持ちを表している。



866 明るく楽しい大阪城 ◆V9NFYlHDBE  2012/06/24(日) 23:25:51.59 ID:2sUimdkn0
インパール作戦は昔の話じゃない

日露戦争と同じく、グレートゲームというユーラシア大陸の覇権争いの一つさ

歴史は繰り返す。


中国は内陸のパキスタンやミャンマー経由で、ベンガル湾やアラビア海(インド洋)への進出を狙う。

http://y-sonoda.asablo.jp/blog/2011/08/18/6054759 

真珠の首飾りを破壊せよ。日本人はインド洋を忘れるな



869 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 23:26:05.18 ID:R0p/uLGW0
しかしすごいな。
0の概念の発見とか仏教とかヒンドゥー教とか二桁計算とかインドってとてつもない国なのにインド人が日本を尊敬してくれたりしてるんだよな。



872 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 23:26:30.04 ID:94syPjWJ0
日本にとっては、ダメな作戦であったというのはさておき、
インドにとっては、日本が絶望的な状況でイギリスと戦い、
インド独立のきっかけの一つとなった戦いという位置づけでいいでしょ。

その絶望的な状況が、国際情勢から生まれたものか、将帥の無能から
生まれたものかなんてインド人にとっては知ったことじゃないんだから。



874 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 23:26:46.79 ID:eICBPdUU0
>>817
インパール作戦の目的は、ビルマの防衛体制強化

先行して敵に一撃を加え、策源地を攻略する事で、
敵のビルマ侵攻を頓挫させ、かつ戦線を整理する事



875 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 23:27:02.27 ID:1meaHp/+0
>>774
戦争やれやれ煽ったのはマスコミだから
そして、それにまんまと乗せられた国民も軍人を叩いた
戦争に慎重だった軍は弱腰だと散々叩かれて、軍服着て外出すると迫害されるほどであったし
基地に乗り込んで司令を恫喝した挙げ句、灰皿投げ付けたりして暴れた新聞記者までいた
そこまでやっておきながら、戦争に負けたら責任を全部押し付けられた軍人こそいい面の皮だろう
あの時代の軍人も潔かったから、言い訳せずに黙ってたお陰ですっかり悪人に仕立てあげられてしまった



884 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 23:29:37.67 ID:NIAVloJi0
日本軍も住民も末端は優秀なんだよ。
沖縄戦もしかり。
兵卒、下士官、住民は一億玉砕、捕虜になるなら自決、
と覚悟をして実際に死を覚悟して戦った。
しかし上部組織の官僚は安全な派所にいて自己保身と組織を守ることしか考えない。
インパールも沖縄戦も、そんで今の官僚もみんな同じで体質は変わらない。



885 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 23:29:38.13 ID:FHe9j5hE0
うちのじじいは中国 東南アジアを転戦して戦い抜いたが
当時のことは殆ど語らず逝ってしまったわ
親父の話では戦闘機乗りだったそうだが実際に空で戦った
のは東南アジアに転属になってからだそうで
弾痕が痛々しかった



887 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 23:29:53.67 ID:NU6mzV9y0
>>861
なぜ日本は謝るのか、なぜ自分たちの軍隊はすばらしかったと教えないのか。
世界各国で声明や本で、そう訴え続けてくれている人たちがいる(いた)というのにな・・・



891 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 23:30:31.73 ID:H1V5SsSN0
>>828
それはまず辻政信だろう。敵前逃亡は富永恭次。
それと青年将校を煽って、直接手は下さないまでも
合理主義者の永田鉄山を間接的に殺したも同然の
真崎甚三郎や荒木貞夫は、非常に良くない。
海軍も大西滝次郎は感心しないね。原発安全神話に
見られる非合理主義はどうもこの辺に源流があるので
はないか。



892 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 23:30:33.66 ID:+iaD5XT/P
>>805
>新聞も国民の戦争を支持しないと、軍部や特高からヒドイ目に遭わされるんだから、
>仕方がないだろ。

事実は逆。
特高は新聞各社による煽動が国威発揚を超えて暴走するのを警戒監視していた。



896 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 23:31:32.24 ID:8ox6Ahn30
>>3

ようw朝鮮進駐軍w何で、お前らは日本の駅前の一等地にパチンコ屋を建ててんだ?
そこに前から住んでいた人達をどうしたんだ?言ってみろ!!!

俺達はそれを絶対に忘れないぞ!

それから、なんで、朝鮮半島には、残留日本人孤児が居ないんだ?なんで1人も居ないんだ???
答えてみろよw

裏切り者の虐殺野郎!

それから、お前ら!ベトナムで何やったんだよw言って見ろよwwww



900 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 23:32:04.27 ID:0DqUNMfs0
水島ぁ、一緒に踊ろう!


901 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 23:32:06.81 ID:9zPRvTBM0
>>669
>これらインド国民軍将兵の裁判によって起こった一連の事件はインドが独立を勝ち取る大きなきっかけとなった。
>インド独立の過程については、ガンディーやジャワハルラール・ネルーに代表されるインド国内における大衆運動が有名だが、
>チャンドラ・ボースやビハリ・ボース、A.M.ナイルらインド国民軍とその関係者が独立に果たした役割も非常に大きな評価を受けている。
>実際にインドにおけるチャンドラ・ボースの位置づけはガンディーと同等で、ネルーより上位であり、
>国会での写真の飾り方はチャンドラ・ボースが最上部になっている。
>なお1947年8月にインドが独立を獲得すると、インド政府は元インド国民軍将兵たちを表彰して年金も給付した。

>また、歴史家のエリック・ホブズボームは、「インドの独立は、ガンジーやネルーが率いた国民会議派が展開した非暴力の独立運動によるというよりも、
>日本軍とチャンドラ=ボースが率いるインド国民軍(INA)が協同して、ビルマ(現ミャンマー)を経由し、インドへ進攻したインパール作戦に依ってもたらされた」としている



904 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 23:32:50.84 ID:zx7ZPdyJ0
見たいなこれ


906 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 23:33:18.69 ID:HdVIdpoe0
当時の新聞は、日本人となった朝鮮人=高麗棒子が中国で暴れて逆襲されたときも
「なぜ自国民がひどい目にあってるのに内地人は怒らないんだ」って言ってたぐらいだからな



907 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 23:33:24.61 ID:AQRh1w/s0
おー
DVD出たら買うわ
踊り出してもおk



909 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 23:33:51.70 ID:dJh99pOf0
日本兵はまともな戦闘で死んだというより
餓死か病死だから、戦闘シーンは少なそうだな。



912 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 23:34:11.73 ID:nndiJyLv0
>>887
陸軍が空母を作るような軍隊を誇らしいと言えるなら、その厚顔無恥さに拍手だな。



915 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 23:35:10.64 ID:KzN2lD700
>>909
好意的に書くなら
マニプール州の人々が日本兵にどんなことをして感謝されたかとか
逆に何がおきたかになるな
悪く書くなら、朝鮮人が大好きな虐殺とレイプの話にしかならんかねw



919 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 23:35:48.84 ID:g/K9Nlic0
しかし改めて見ると旧軍は個性的な人の集まりだなあ


日本は、伝統的にまず味方同士でケンカすんだよ
陸軍vs海軍のみならず、陸軍でも派閥があって陸軍同士でケンカしよるし
海軍も同じ、艦隊派と条約派でケンカしよるし

これじゃ勝てるものも勝てない。



920 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 23:36:18.08 ID:VxbyxEa10
昔ミャンマーの留学生に
「第二次世界大戦で日本が迷惑かけてごめんね」って言ったら
驚いて「何を言うの!日本はビルマを守るために戦ってくれたんだよ!
それにひきかえイギリスときたら・・・」と延々とイギリスの悪口。
俺はそんなにミャンマー人がエゲレス嫌いだとは知らなかった。



926 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 23:36:49.63 ID:yKeqln5j0
インパール作戦を名前しか知らない日本人でごめんなさい

しかしなぜインド人がそんな映画取るんだろう



927 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 23:37:00.42 ID:NU6mzV9y0
>>912
ん?戦後、日本軍に対して親日発言をした各国首脳他たちはバカってこと?



929 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 23:37:05.06 ID:MbUPDsc10
>>713
民主化ってのは何もゼロから民主化されるわけじゃない
今の中国の民主化だってそうだろ
大正デモクラシーが今の戦後民主主義の礎になっているが
一定の成果を上げた後はむしろ治安維持法などの制定で
民主化が衰えた

そしてGHQにより日本でまた劇的な民主化がなされたのは事実



931 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 23:37:40.82 ID:oCPR0aPW0
インパール作戦って、今から見ると馬鹿が考えたとしか思えないんだけど・・・。


933 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 23:38:08.69 ID:rTPvbOy7P
ビルマから出撃する日本軍。見送るビルマ人が踊りだす
               ↓
ビルマ人と日本兵、入り乱れて踊り狂う
               ↓
密林を行軍する日本兵。士気を鼓舞するため軍歌を歌う
               ↓
日本兵踊り狂う
               ↓
途中の集落に入って休息する日本兵。村の子供が「あそぼ」と誘う
               ↓
村人と日本兵、入り乱れて踊り狂う
               ↓
英軍と戦闘、撃退に成功し日本兵万歳三唱
               ↓
日本兵踊り狂う
               ↓
夜、陣地で埴生の宿を歌う日本兵。すると英軍陣地から、それにあわせてHome Sweet Homeが聞こえてくる
               ↓
両軍陣地から出てきて、入り乱れて踊り狂う
               ↓
撤退中、力尽きた日本兵が、故郷を懐かしんでふるさとを歌う
               ↓
周りで倒れている日本兵、ゾンビのように立ち上がって踊り狂う
               ↓
飲まず食わずの日本兵を見かねて、インド人が食料を与える。日本兵、お礼に日本の歌を教える
               ↓
インド人と日本兵、入り乱れて踊り狂う



935 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 23:38:40.21 ID:V+zSOYxa0
まあ、インパール作戦自体が無謀だった
インド独立を求め、日本に亡命してたチャンドラ・ボースが東条に出兵懇願した結果だしな
インドに進攻しボースに臨時政府作らせれば、インド各地で独立運動起こり英軍駆逐できる・・とか



937 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 23:39:05.46 ID:5+9/2CWM0
>>920
現在の軍政は日本軍が作ったもので、戦後もODAを受ける代償として
ビルマは国際的な場で日本擁護を繰り返してきた
軍政だから民意が反映されたものじゃないが、徹底的な洗脳教育が行われていて
無理やり親日化されてる



938 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 23:39:23.39 ID:3ZKFKCOO0
>>929
治安維持法の中身なんか知らないで話してるだろw



947 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 23:40:55.00 ID:mr/z2u8w0
>>926
別にインドに限った事じゃなくて
日本軍の足跡がその後に独立国家の誕生へと繋がった国は、いくつも例があるよ
だからこそ、先の大戦は日本による欧米列強からのアジア解放戦争だったという
論調があるのさ

日本は負けたが、アジアは救われた



949 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 23:41:14.27 ID:j/Toag8+0
負けたのがただただ痛いけど、たくさんの国が独立したのは良かった。
そしてアカ騙されて負けるまで戦わされたのが間抜けだった。
これが大東亜戦争だろう。



954 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 23:42:00.01 ID:HdVIdpoe0
>>938
警察が暴走した可能性は否定できないけど
共産主義との戦いでは止むを得ない面はあったな



958 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 23:43:23.13 ID:9zPRvTBM0
>>912
帝国陸軍は空母なんか造ってませんが?
後の強襲揚陸艦の先駆けともいえる
極めて先進的な発想の特殊揚陸艦なら建造していて
それをモノを知らない素人が「陸軍空母」と
的外れな皮肉と批判をしているのなら知ってますがね



963 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 23:44:04.38 ID:gBxZFS8O0
>>947
その後のアカ旋風見ると救われたかは分からんな。
日本の行動は評価されてるけど、統治は割とボロクソに言われてる。
特にインドネシアじゃ最悪の時代とまで言われてるし。
バラオでも日本人の労働観は嫌がられた。



968 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 23:45:18.53 ID:eICBPdUU0
>>931
馬鹿だよ

元々はビルマの防衛体制強化のための、
局地的な攻勢の計画だったのに、
牟田口がその趣旨を毛ほども理解してない自案を強引にねじ込んだ

なにより、無茶な作戦内容で上級組織全てから反対されていたのに、
寺内とか綾部とかいう馬鹿どもの所為で、それが通ってしまった事が一番馬鹿げてる



969 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 23:45:38.85 ID:HdVIdpoe0
戦前日本への協力者を処罰するなんて事後法作る国のほうが異常だからな


972 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 23:45:54.30 ID:sGS+LxBd0
なにこのネトウヨ監督
どこにでもいるものだなー
それに興奮するお前らネトウヨも笑わすw



977 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 23:46:41.79 ID:/f6W1Sjq0
神様仏様、ようやく日本にも明るい未来を届けて下さるインド人の方が現れて下さりました。
日本人の日頃の行いが報われそうです。神様仏様もずっと日本を見ていて下さったのですね。



980 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 23:46:49.27 ID:7Hz+89e9O
今の日本人が怒らなさ過ぎるから代わりにインド人がメガホン取っちゃったよ


981 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 23:46:50.23 ID:3OVuuKSD0
国が違えば、
評価も変わる!
中国に苛められて居る国同士、
仲良くしたら?
それで世界平和に成れれば凄く良いことでは?
中国をあちらとこちらで挟み込む地政学的が大事!



984 名無しさん@13周年[sage] 2012/06/24(日) 23:47:04.88 ID:BsptF36p0
インパール作戦のおかげでインドは独立できた。

インパール作戦を日本の一方的な敗北と宣伝するのは、ノモンハンを日本の敗北と宣伝する左翼と同じ。



986 名無しさん@13周年 2012/06/24(日) 23:47:14.04 ID:j/Toag8+0
戦前の日本は狂気だった。
という言葉が戦後から今に吹き荒れてるだけで、
実態がなかなか聴かれないのがおかしいわな。



スポンサーサイト

テーマ : 考えさせるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

インド人監督がインパール作戦題材にメガホン―【私の論評】正しい歴史観を反映した映画とみた!!

こんにちは。「マイ・ジャパニーズ・ニース」(私の日本人のめい)と題された映画をモーヘン・ナオレム監督が製作することになったそうです。監督はこの映画を作製することになった動機を、「気品にあふれた真の日本兵の姿を伝え、現地の人々の記憶に残るエピソードを紹介したい」としています。この動機から見て、この映画は、正しい歴史観を反映したものとなりそうであり、期待できそうです。このインド映画が放映されることを機に私達日本人自身が、特ア3国(中国、北朝鮮、韓国)の悪い政府が、自国人民からの、非難や、暴動、革命などを恐れるあまり、その矛先を日本に向けるために、体系的に反日教育をしていることを理解するべきです。私はインパール作戦という無謀な戦にもかかわらず、最期まで、「気品にあふれた」態度をとられた、英霊の皆様に誇りを感じるとともに、この事実を後世に伝承していくべきものと考えます。詳細は、是非私のブログを御覧になってください。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
アクセスランキング
リンク
人気ページランキング
ブログパーツ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
RSSフィード
ABOUT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。