スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学者はウンコ解禁!

顔面にウンコぶっかけて、口中にも流し込むっていうのは、エロDVDの話をしようってんじゃなくて、その昔の我が国が誇る拷問方法のひとつなわけですが、鬼平もやってたわけです。
自己正当化に必死のコイツをとっとと捕まえて、肥溜めに禁固刑ぐらいのお仕置きをすれば、新政権は4年もつでしょう。


家政夫鬼平 ~住み込み女子寮で酒池肉林~家政夫鬼平 ~住み込み女子寮で酒池肉林~
()
黒雛

商品詳細を見る
竹中平蔵:日本経済を再生する方法とは 混迷経済の処方箋8【4】

たとえば私は小泉純一郎内閣の金融担当大臣として、金融危機の沈静化につとめました。そのときにやったのは規制の強化です。銀行への規制やルールを強化したから、不良債権処理ができたのです。

「小泉・竹中は規制緩和一辺倒の市場原理主義だった」と決め付ける人がいますが、それは議論の出発点から間違っていることになります。

そもそも政策について、白と黒に単純化した議論はできません。政策はきわめて現実的で灰色です。だから「われわれは新自由主義だからこの政策を採りましょう」というようなことは現実にはありえない。政策と思想とは違うのです。

最近は「格差が生じたのは竹中のせいだ」ともいわれています。まず事実としてジニ係数の推移を見てみましょう。所得の不平等さを測るジニ係数は80年代から90年代にかけて上昇し、とくに90年代に入ってから世界的に上昇しています。

それはグローバリゼーションとIT革命によってビジネスのフロンティアが現れたから、頑張って高い所得を得る人が出てきたということです。

しかし日本では00年代に入ってからジニ係数の上昇は鈍化しています。経済がよくなって失業者が減ったからです。小泉内閣が成立したのは01年で、私は02年に金融担当大臣に任じられました。これだけを見ても、無茶な論法であることがわかると思います。

どうすれば日本経済を再生できるか

日本経済を活性化するのは、それほど難しくないと思います。小泉改革というのは、特別なことをやったかのように考えている人も多いようですが、実際には世界でやっていることを一部取り入れただけなんです。郵政民営化はドイツやオランダでもすでに行っています。不良債権処理に公的資金を注入するという政策も、北欧諸国や米国がすでに経験しています。普通のことをやるだけで、日本はもの凄く強くなれるのです。

たとえば次の3つのことをいまこの時点で日本が行えば、日本経済の景色は大きく変わると思います。


【コラム】日本経済を再生する方法。「羽田空港を2倍に拡張し24時間国際空港に」「法人税引き下げ」「東京大学の民営化」 竹中平蔵★3

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
アクセスランキング
リンク
人気ページランキング
ブログパーツ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
RSSフィード
ABOUT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。