スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊達直人は高倉健。

理不尽な仕打ちに耐えに耐え、最後の最後にぶち切れるタイガーマスク。

生まれがちょっとアレで、随分ムチャもしたが、まっとうな道に生きる決意をし、すると悪い連中がこれでもかとちょっかい出してきて、仕舞いに頭来てやっつけちゃいました、というのは高倉健の「死んでもらうぜ」と同じパターンですね。

マンガ版では伊達直人が交通事故でころっと死んじゃって終わりですが、アニメ版の最終回は原作者・梶原一騎を無視したおかげで、なかなかの感動モノです。アニメス・タッフが唐獅子牡丹で勉強してたんでしょうね、知らんけど。







プラモデルや現金贈られるケースも

年が明け11年1月5日に神奈川県小田原市の児童相談所にも、やはり「伊達直人」からランドセル6個が、7日には沖縄でもランドセル3個が寄付された。ランドセル以外のものも寄付されており、厚木市の児童相談所にはプラモデルなどのおもちゃ、静岡市の児童養護施設には「お年玉」として現金10万円が贈られている。

タイガーマスクの正体は不明だ。当初は特定の個人が行っているものと見られていたが、寄付の方法がケースごとに違うことなどから、不特定多数の人物による行動との見方が強まっている。小田原市のケースでは「タイガーマスク運動が続くとよいですね」という手紙が添えられていたという。

ヤフーニュースのコメントランキングでは、1月10日正午現在、時事通信社のタイガーマスク関連記事が1位。「まだまだ日本も捨てたものではないなと思う」と称賛するものや、「本当に困ってる人たちに手を差し伸べる これが本当の子供手当てじゃないでしょうか どうでしょう、伊達直人さんならぬ菅直人さん」といったコメントが約2500件寄せられている。



伊達直人ならぬ、菅直人は今・・・!?
これから勉強するらしい。

今さら!?「国家を考える。」など7冊 首相、書店でお買いあげ


今さら!?「国家を考える。」など7冊 首相、書店でお買いあげ


八重洲ブックセンター本店で本を選ぶ菅首相=10日午後、東京都中央区八重洲(代表撮影) 菅直人首相は10日、東京・八重洲の書店を訪れ、7冊を買い込んだ。筑紫哲也著の「国家を考える。」をはじめ、昨年日中関係が冷え込んだことが気になったのか「これから、中国とどう付き合うか」(宮本雄二著)も、随行した店員が持つ買い物かごに入れた。

 通常国会での来年度予算案の審議に備えてか、藻谷浩介著「デフレの正体」、ジャック・アタリ著「国家債務危機」といった経済書も購入した。このほか「がん 生と死の謎に挑む」(立花隆、NHKスペシャル取材班著)、「無縁社会の正体」(橘木俊詔著)も買った。西岡武夫参院議長が首相を批判した手記が掲載された月刊誌文芸春秋もカウンターで手に取り、総額1万1629円を自ら支払った。

 首相は記者団に「ついたくさん買っちゃったよ」と笑顔で語ったが、通常国会を控え、「読書の時間なんて確保できるのか」との声が聞こえてきそうだ。

昭和残侠伝 死んで貰います [DVD]昭和残侠伝 死んで貰います [DVD]
(2004/10/21)
高倉健、加藤嘉 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
アクセスランキング
リンク
人気ページランキング
ブログパーツ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
RSSフィード
ABOUT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。