スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国軍機の領空侵犯は自民政権時代の2倍。

海も空も友愛効果。


中国機に対する日本自衛隊の緊急発進 今年度44回。

日本が一方的にいわゆる「中間線」を主張していることに対して中国政府は、すでに数回にわたって自らの立場を表明してきた。しかし日本は依然として中国政府の確固とした立場を顧みることなく、中国の戦闘機がいわゆる「中間線」を「飛行」したとしている。日本のメディアによると、今月22日までに日本の航空自衛隊は今年度すでに44回にわたって中国空軍の戦闘機を不法に阻んだという。

『日本新聞網』の報道によると、自衛隊は27日に最新の統計資料を発表し、今月22日までに釣魚島付近のいわゆる中日「中間線」海域で航空自衛隊は、今年度すでに44回にわたり中国空軍の戦闘機に対してスクランブル発進したと明らかにした。この数字は2006年の2倍に上る。


日本新闻网
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2010-12/28/content_21633368.htm



スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
アクセスランキング
リンク
人気ページランキング
ブログパーツ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
RSSフィード
ABOUT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。