スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「小沢一郎」研究 顔がすべてを語っている / ビートたけし 抜粋

新潮45別冊 櫻井よしこ編集長 小沢一郎研究 2010年 04月号 [雑誌]新潮45別冊 櫻井よしこ編集長 小沢一郎研究 2010年 04月号 [雑誌]
(2010/03/05)
不明

商品詳細を見る



かつての対談を振り返りつつ、ビートたけしが小沢をクソミソに批判してるんだが、何で選挙前にそれに気づかなかったのかね、「TVタックル」で言えよ、と。まあ、テレビ・タレントなのでね、いろいろあるんでしょ。テレビと違ってたいして影響力のないメディアでは元気溌剌のだけしです。


新潮45 「小沢一郎」研究

顔がすべてを語っている / ビートたけし


歌舞伎にたとえれば、小沢さんという人は、大御所の何代目団十郎みたいな田中角栄の下にいるワキでしかない。
しょせん、主役にはなれないんだね。
田中角栄みたくなりたいんだろうけど、たけし軍団で言うと、松尾伴内が間違って「殿」と言われるようになってしまったようなもんだよ。




新潮45 「小沢一郎」研究

顔がすべてを語っている / ビートたけし




戦後から高度経済成長期までは、業界の利権をたくみに使って私腹を肥やしているような政治家がたくさんいた。そういう田中角栄に代表されるような政治家の流れを汲む最後の政治家が小沢さん。でも、その流れは今のような時代では、もう流れていく場所を失っている。

世の中が不景気になって庶民の生活も苦しくなってきてしまうと、世間がそういう政治家を許さない。

この人はしょせん選挙屋としか呼べない人でしょう。野球賭博のハンデ師とか、そういうタイプだね。

ハンデ師と言って悪ければ、テキ屋の親分かな。
縁日に行くと、テキ屋がヘビや毒虫を屋台に並べておいて、「この軟膏は、ヘビの毒にも効く」とか言って客に売りつけている。それって、「暫定税率を止めます」「天下りを止めさせます」とか言って、大衆の関心を引くのと全く同じ手口だよ。そこへ集まっているサクラが小沢ガールズ。すっかり客は騙されて、役に立たないものを買わされてしまう。

事業仕分けって、大衆ウケを狙った見世物にしかすぎないんだ。

国会議員は「庶民の生活を守る」とかよく言うんだけど、区会議員は「世界平和において、日本は何をすればいいのでしょうか」とか言う。
本来、個人の生活レベルは、区会議員が考えるべきことだよ。今の国会議員が考えるレベルというのは、区会議員程度のものでしかない。小沢さんも一緒だね。

どぶ板選挙に勝つことしか考えていない。「子ども手当て」なんて、路上生活者にふるまわれる炊き出しと何も変わらない。

対談で「僕らが一番重点的に訴えているのは日本人のあり方、教育の問題です」と言っていたけれど、それで民主党政権が決めた政策が高校無償化だって。呆れ果てて笑うしかないね。

歌舞伎にたとえれば、小沢さんという人は、大御所の何代目団十郎みたいな田中角栄の下にいるワキでしかない。
しょせん、主役にはなれないんだね。
田中角栄みたくなりたいんだろうけど、たけし軍団で言うと、松尾伴内が間違って「殿」と言われるようになってしまったようなもんだよ。

小沢さんのどこが嫌いなのか考えてみたら、それはあの人相だよ。カレー屋やっていたときに、金を持ち逃げした従業員に顔がそっくりなんだ(笑)。

スポンサーサイト

テーマ : 政治のニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
アクセスランキング
リンク
人気ページランキング
ブログパーツ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
RSSフィード
ABOUT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。